オセロニア シーズンマッチ 報酬。 逆転オセロニア APK Download

『逆転オセロニア』クラスマッチが大規模リニューアル。昇格条件や報酬が大幅に変更

ただ、いまはコミュニティが成熟しているがゆえに、初めて参加するときのハードルってすごく高いと思うんです。 けいじぇい そういった縛りはとくに設けてはいないですね。 納涼メフィストの700毒ダメージが「強すぎる」という声はいただきます。 毒を2ターン与えるという。 投票したプレイヤーが勝利すると報酬がゲットでき、連続して予想が当たると最大10回まで報酬も豪華になっていくとのことだ。 我々は3年10ヵ月くらい、頑なに特定のキャラクターの調整をせずに運営してまいりましたが、キャラクターの総数だったりデッキタイプが生まれてきたことで、そのスタンスが立ちゆかなくなっている部分もあります。 『オセロニア』はいまでもプラチナ帯がいちばん多いゲームでもあるのですが、以前のオセロニアの対戦環境に辟易として引退していった有名プレイヤーたちが続々と復帰してくれていることもあり、1st シーズンは古参のトップ層が一番楽しんでくれている気がします。

Next

【オセロニア】シーズンマッチの攻略と補正別おすすめデッキ|クラスマッチ|ゲームエイト

お話をうかがったら「周回を早くする」という目的らしく。 それこそ12月頭に比べて 2倍以上はプレイヤーさんが積極的に遊んでくれています。 ちなみに、オセロビューイングのキャラボイスには、フィニッシュ時にCPU戦のものが採用されている。 そういった意味だと、「トップ環境に入る駒以外が活きる対戦モードがほしい」という声もありましたが、そういったニーズにも今後応えていきたいですね。 全員が参加できるわけではないという特別感は保持しつつも、3ヵ月の結果があるからこそ出場できる大規模なカップ戦、というイメージですね。

Next

『逆転オセロニア』のクラスマッチリニューアル情報第3弾が公開!ノーマルガチャも一新!!

あとは完成していない部分をちゃんと2nd シーズンに向けてやるだけだな、と感じてします。 クラスマッチが大規模リニューアル クラスマッチの昇格条件や報酬などが大幅に変更されます。 魔フェリヤやひな祭りエクローシア、オルプネーなどで削っていき、最終的にサタンでフィニッシュするというのが環境的にはよく見かけますが、デバフに寄らせてもおもしろそうです。 4周年にもぜひご期待ください!! 誤解を恐れずに言えば 『オセロニア』がおもしろかったところに戻るというところを意識していましたね。 2nd シーズンの開発はすでに始まっているので、1st シーズンの要素をすべて入れられるわけではないのですが、長く『オセロニア』を運営するために始めたシーズン制でもあるので。 ターンが経過するほど駒数が増えるので、サタンのスキルでダメージを出しやすくなります。 今後はロスカくらい 柔軟にスキル内容を調整していこうと考えています。

Next

「逆転オセロニア」,イベント“白黒マッチ”を開催

ここから闘化ルシファーがデバフデッキの中核になることが予想できるので、2019年と違った展開に期待したいですね。 「昔はこういう風に楽しかったハズだ!」という。 けいじぇい 決してフェリヤや心核の守護者に対して一切の調整を入れないという運用でないことは確かです。 逆転オセロニアのダイアモンドクラスに行きたいです回復耐久で一度ダイア3... なお、シーズン終了時のクラスに応じて、次シーズン開始時のクラスが決定します。 名前が変わっただけでなく、期間を区切って従来の「クラスマッチ」を行ないます。

Next

‎「逆転オセロニア」をApp Storeで

これに、「魔フェリヤだと神殴りに対して勝率が高いけど、勝数と順位がけっこう開いてるよな……。 クラスボーナス:各シーズンの終了時クラスに応じて、次シーズン開始時に発生するボーナス報酬 なお、新しいクラスマッチの詳細はゲーム内ニュースで確認できます。 最後に他の方の低評価についてなのですが、ここはあまりゲームの内容と関係がない僕の意見なので見たくない方はここで見るのを止めてしまって構いません。 今回は予告していた通り、スキルダウンのみの調整となりましたが、今後のシーズンではスキルアップする駒が出てくる可能性もあります。 「シーズンマッチ」で「シルバーマスター」に到達することで獲得可能です。 バハムートは貫通を持つ進化のほうが非常に注目されていますが、極大ダメージを防ぐにはデバフをかけまくるか、レジストで消滅させるかしかありません。

Next

【オセロニア】サーニアの評価と入手方法|ゲームエイト

メインコンテンツの中でちゃんと調整された世界を作りたいという思いが大きかったですね。 ・他のゲームに比べ、S駒 最高レア が当たる確率が高い。 」と言われていた駒のスキルを下げることが直結しないことは、データでわかっているんですね。 正確には伸ばしたいというより、ここ1〜2年でゲームスピードが早くなっていたのを戻したいなと。 そうなると戦略の幅が大きく広がると思います。

Next