リクナビ 問題 と は。 詳報・リクナビ問題 「内定辞退予測」なぜ始めた? 運営元社長が経緯を告白 (1/3)

リクナビ問題、なぜ「脱法」サービスが生まれたのか

リクナビ問題をめぐる法的論点を、網羅的に確認する 本稿作成時点(2019年8月26日)で報道された事実関係をもとに、リクナビDMPフォローをめぐる法的論点をひととおり挙げたうえで簡潔にコメントします。 まずはこのビジネスのどこに問題があったのか、当局から違法だと指摘されたところを中心に見ていきます。 今後は10月をめどに、リクナビ事業にプライバシー責任者を設置する他、2020年1月をめどに新卒事業の経営体制を変更するなどし、再発を防ぐ方針だ。 これを受け、個人情報保護法を改正し、閲覧履歴の提供などを規制することにしたと報告した。 問題となったのは、同社が顧客企業にこの「辞退率」の予測データを提供していたサービス「リクナビDMPフォロー」だ。 内定辞退率は、1社400-500万円程度で販売されており、取得されたデータからAIを使ってその顧客企業の内定辞退率を算出し、ひとりひとりの学生の未来の内定辞退率を予測するというものでした。

Next

リクナビ問題、AI時代の恐ろしさを象徴…個人データを勝手にスコアリングされ不利益

リクルートキャリアという大企業、リクナビという社会的責任を多く背負ったサイト、そして新卒一括採用という仕組みを辞めないながらも自社に都合のいい人材を取りたがる顧客企業と、さまざまな問題が浮き彫りになりました。 |cookieも取得し閲覧履歴も取っていたことが明るみに さらに、サイトの閲覧データもcookieから取得し、利用者の学生のリクナビIDと照合して個人情報にした上で、第三者に引き渡していたことも明るみになっています。 この文案であれば、「行動履歴等を分析・集計したデータ」について、ユーザー個人を特定できる状態で利用企業等に提供される可能性があることは、少なくとも明確となります。 18年3月から提供、19年3月からスキーム変更 「外資就活ドットコム」も関与 リクナビDMPフォローは「19年3月〜7月末にかけて提供された」などと各所で報じられていたが、リクルートキャリアによると、同サービスをリリースしたのは18年3月。 では、このリクナビ問題とはいったい何で、何が原因として起こり、そしてどのような影響をもたらしたのか。 夕刊フジが東西の有名私大を直撃したところ、複数の大学が学生にリクナビを推奨しないと判断、「今後も一切紹介しない」と絶縁を明言する担当者もいる。

Next

リクナビ問題、職安法指針違反で利用38社に行政指導へ :日本経済新聞

仕組みの検討は17年夏頃から始めていたという。 プライバシーポリシー画面の不備などで「必要な同意を得ずに(個人データを)第三者に提供していた」などとして、個人情報保護法違反を認定した。 一方、今回の問題で個人情報保護委員会は内定辞退率を購入する契約をしていた自動車メーカーや総合商社など、大手の37の企業に対しても、個人データを外部に提供する際の法的検討などが不適切だったとして、是正を求める指導を行いました。 個人情報保護委員会からも既に問題を指摘されている。 19年3月以降については、企業から志望者の氏名など「個人情報」そのもののデータを受け取り、それを分析して内定辞退率を予測した。 しかし、不当な方法で就職希望者に関する情報を提供・取得することは、労働者の権利を著しく侵害する行為だといえる。 労働基準法における、いわゆる「ブラックリスト」の禁止だ。

Next

リクナビ個人情報漏洩問題(りくなびこじんじょうほうろうえいもんだい)とは

またEUの「一般データ保護規則(GDPR)」では個人データの利用停止はいつでも行える(EU 一般データ保護規則 第7条)のに対し、日本の個人情報保護法では、個人データの利用停止は個人情報保護法違反があった場合にのみ可能とされている(個人情報保護法30条)点は問題ではないかとの声があり、2019年4月に個人情報保護委員会が公表した「 (個人情報保護委員会、平成31年4月25日)」では、個人データの利用停止制度の導入について検討がされています。 約8千人の利用者のデータを同意を得ずに第三者に提供したことなどが、個人情報保護法違反にあたると判断された。 本サービスのような、人事労務分野においてAIやデータを活用する手法はHRテックと呼ばれ、近年注目が集まっています。 リクナビ派遣 の仕事探しサイト。 システムのバグではなく、経営サイドの問題であったこと。

Next

リクナビ問題、個人情報保護委が初の是正勧告 :日本経済新聞

「内定辞退率」を選考に利用しない条件で有償提供するという契約に無理があった リクルートキャリアは8月1日のリリースにおいて「学生の応募意思を尊重し、合否の判定には当該データを活用しないことを企業に参画同意書として確約いただいています」としています。 民法上の「公示送達」の手続きを活用し、運営者不明のまま勧告を行ったと説明した。 さて、このように、当該のサービスは個人情報保護の観点から大きな問題であるといえる。 その後、厚生労働省も職業安定法に基づく行政指導をした。 SNSなどでは、内定辞退率という学生の就活に大きく関わるデータを、リクルートキャリアが企業に販売していた点に非難が集中している。 巷ではライバル会社であるマイナビからのリーク説などもちらほら聞こえてきます。 実は、この問題、就職を希望する学生だけの問題ではなく、国民全体にも近い将来起こりうる深刻な問題なのです。

Next

リクナビ問題、AI時代の恐ろしさを象徴…個人データを勝手にスコアリングされ不利益

政府の個人情報保護委員会は、3月以降のリクルートキャリアと企業との個人データのやり取りで学生本人の同意を得ていなかったケースがあったと指摘。 三者ともにやるべきことがあります。 採用の可否の判定には使わない同意書を得た上で事態率を提供していた」 検証不能な企業との同意書の限界. 問題発覚後、同社が会見するのは初めて。 今回のリクナビのサービスも、この流れのなかの一環だということができる。 次ページでログインまたはお申し込みください。

Next

リクナビ問題、社長が謝罪 内定辞退率データ販売→人生変わってしまった学生もいるでしょうね

現在、GAFAをはじめとした大手IT企業による個人情報の収集方法について、公正取引委員会が、独占禁止法違反である「優越的地位の濫用」にあたるケースを示す運営指針(ガイドライン)案を策定中であると報道されています。 トラブル [ ] 、リクナビの運営主体であるリクルートキャリアが、リクナビに登録した学生の閲覧履歴を基に内定辞退の確率をAI()が予測し各企業に販売していた。 データを購入した企業はトヨタ自動車やホンダ、NTTグループなどビッグネームばかり34社に上る。 小林社長は、内定辞退率予測データを販売した38社の中で合否判定に使った企業は1社もないと説明した。 「法律に明確に違反してないからOK」ではなく、「ビジネスモデルが明るみになった場合にもユーザーの支持を得られるか」「ユーザーとクライアントに胸を張ってサービスの意義や正当性を説明できるか」という視点は、今後はより求められていくものと考えますし、このような「正直さ」「誠実さ」を自社の強みとできる企業こそが、今後はより求められていくものと考えます。 学生からすれば「まさかそんなことに使われていたなんて」という感じであろう。

Next

詳報・リクナビ問題 「内定辞退予測」なぜ始めた? 運営元社長が経緯を告白 (1/3)

同社は権利保護の認識が甘かった」と話した。 |リクナビ個人情報漏洩は何が問題? では、このリクナビ個人情報漏洩問題は、一体何が問題となったのでしょうか。 自身の経営責任については「組織をどう変えるかに集中したい」と述べ、当面は続投する考えを示した。 そんな社会的責任の重大な企業でありながら、同社は学生の 内定辞退率というデータを計測して、リクナビに求人情報を出す会社に販売していました。 たしかにリクナビ2020のプライバシーポリシー上、企業に提供した内定辞退率(ユーザー行動履歴等の分析・集計結果)については「選考に利用されることはありません」と記載されています。 当時のリクルートキャリアの担当範囲は、ブラウザ情報の照合・分析と、スコアの算出にとどまっており、スコアと氏名のひも付けは顧客企業側で行っていたという。

Next