深層 ニュース。 『深層NEWS』キャスターに右松健太氏、辛坊治郎氏は半年で降板

追記・辛坊も降板【深層NEWS】ありえないリニューアル!なぜ近野(降板?)【ニュース】

プロ野球シーズン入りのため、ネット中断期間入りするも、これを待たずしてNOTTVのチャンネル改編が行われたため、再開されないままの終了となった。 完全にあちら側になった文春が一役買った。 30 2014. NOTTVのチャンネル改編が行われたため、終了となった。 2018年• おいおい、雇う側と雇われる側、二対一でなぜ五分五分なんだい。 出芽率40%を達成 「鉄粉は一定の成果を上げていましたが、コーティングに時間がかかるのがネックでした。 近野に代わり、月 - 木曜日は(NNN系列局)出身の、金曜日は日本テレビ元アナウンサーで政治部記者のがアンカーを務める。 このような議論の場合、「言った、言わない」の水掛け論になることが多い。

Next

辛坊治郎『深層NEWS』降板へ。理由は週刊文春のパワハラ疑惑報道、捏造記事と本人は激怒、トラブルの真相が明らかに?

コーティングも種籾にこの農薬を塗布して乾かすだけ。 2018年• ですが、言い合いは五分五分でした。 2018• 本番組開始前の2013年4月からはプライムタイムに枠移動した。 スポーツ報知(2019年8月27日作成). 私は出入り業者ですし、雇う側であるテレビ局社員にパワハラなんてできないことを、ある意味、この降板劇が物語っているんじゃないでしょうか」 つまり、局としてはあくまで「契約満了での降板」であり、パワハラ疑惑での降板とは辛坊氏側に説明していないようだ。 論座(朝日新聞) 2013年10月10日. からBS日テレでがスタートすることに伴い、当番組も翌2日放送分から4K制作に移行した。 一枚、17ミリの広角レンズで、そしてズームしてもう一枚、35ミリにして歩いて近づいた。 辛坊氏といえば、同番組の「総合デスク」であるA子さんへのパワハラ疑惑が今年1月発売の『週刊文春』で報じられた。

Next

深層NEWS

日テレNEWS24. また、勤務シフトの都合上代理出演する場合があった。 - 番組での発言録を掲載。 その後、文春はパワハラ疑惑報道の第2弾として、A子デスクと、その場にいたBプロデューサーが書いた「報告書」と称する文章を写真とともに掲載した。 なので、このパワハラ問題の 真相のカギは男性のチーフプロデューサーに なりそうです。 政治・経済、医療、教育から身近な暮らしの話題まで多岐に渡るテーマを用意。 そんな辛坊治郎さんが「深層ニュース」を辞めるのが決まったのはいつなのかと言いますと、日テレのパワハラ報道が報じられた直後ということです。

Next

[深層NEWS]ミサイル防衛「全てのオプション、丁寧に説明」…河野防衛相(読売新聞)

日テレはこれで幕引き出来たと思ってるんだろう。 製作著作:日本テレビ放送網 過去のスタッフ [ ]• 辛坊治郎さんはパワハラ疑惑に関しては当初から否定、反論をしており、週刊文春の記事は捏造報道だとして弁護士と協議を行い、提訴に向けて動いていることなども報告し、2月時点で『深層NEWS』の降板が決まったことも明かし、3月14日放送のラジオ番組では、 「突然クビにしやがって」「視聴率3倍だぞ、この野郎!視聴率3倍でクビって聞いたことないぞ」と笑いながら不満をぶち撒けていました。 3 2017. もしかしたら「パワハラ騒動」は嘘だったのでしょうか気になりますね。 文春報道が出たら、十分な調査もせずに辛坊氏をすぐに切った。 」と、女性プロデューサーが被害を訴えたことは事実と認めています。 その間にシーツなどのリネンを運ぶ業者が大きな荷車を押してきて、『ちょっとどいて頂けませんか』と言われたので、避けるために4人とも壁際に寄り、お互いの距離が近づいたんです。

Next

辛坊治郎『深層NEWS』降板へ。理由は週刊文春のパワハラ疑惑報道、捏造記事と本人は激怒、トラブルの真相が明らかに?

2019年8月26日閲覧。 27 畑下由佳 飯塚恵子 1 飯塚恵子 久野静香 1 飯塚恵子 寺島淳司 1 2020. 写真:時事. ツッコむなら意義のあるツッコみをしてくれ。 また、同年9月30日から進行役の呼称を「アンカー」に変更。 なかでも、キャスターの1人である玉井忠幸は編集局次長兼編集委員で元政治部長。 結果だけ見ると意見が違う個人事業者を大マスコミが斬るという形。 23 吉田清久 近藤和行 1・2 矢島学 1 2017. 2018年• まあ、自分達の非を表向きは謝罪しても本音でないのは、マスコミ共通の資質だから驚かないけれど。 デイリースポーツ(2019年8月26日作成). このような議論の場合、「言った、言わない」の水掛け論になることが多い。

Next

辛坊治郎氏 「深層NEWS」最後の出演…ラジオで「根性悪い局のおかげでクビ」/芸能/デイリースポーツ online

企画制作:BS日テレ(BS日本)• 元読売テレビのフリーアナウンサー・キャスターの辛坊治郎さん(しんぼう・じろう 63歳)が、昨年9月からメインキャスターを務めている報道番組『深層NEWS』(BS日テレ 平日22時)からの降板決定を週刊誌『フライデー』が報じています。 2020年• 実は、このパワハラ疑惑の現場には辛坊氏、日テレ報道局員のA子デスクとBプロデューサーのほかに、同番組の演出担当で外部スタッフであるC氏の4人がいた。 」とし、 「対等な議論だったからこそ、最後に辛坊さんがA子デスクを当時のオウム真理教広報だった上祐史浩氏に例えて、『きみ、上祐みたいだな』と言い、BプロデューサーもA子デスクの反論の激しさを見て『ああ言えば上祐ですね』と辛坊さんに同調したんです」と明かしています。 3 金曜日はサブも担当。 そこで、深層NEWSのスタッフを Wikiで調べてみると. 日テレの方針とは合わなかった、言うこと聞かないからパワハラ理由に降ろされた。 歴史としては『プライムニュース』のほうが長い。

Next