ジョーカーズミッツァイル。 全国大会2019 九州エリア予選:トップ5カード ~そして銀の弾丸は放たれた~

ジョーカーズミッツァイル

かなり悔しい...。 デッキについて こちらが今回紹介する赤緑ジョーカーズミッツァイル 火自然ジョーカーズミッツァイル です。 さらに相手の墓地もメタし、ミッツァイルをもメタる必須カードです。 2枚確定。 また、ももで唱えるため、やの呪文のカードにも強い。

Next

GR召喚は環境を壊した。 後編

あとのデッキに関しては引きとプレイング次第で勝てるか勝てないかは決まります。 もし、マナゾーンにアンタップしたカードが3枚用意でき、手札にがくればそれを召喚。 その為にGRのマナ加速であったりして盤面に大量にクリーチャーが出てきてシャッフで『特定のマナのクリーチャーを止めて終わる』という完全にクソゲーのような暗黒期を迎えれてるレベルのデッキとなるわけです。 一度ミッツァイルさえ着地してしまえば、後は《ツタンメカーネン》、《ゴッド・ガヨンダム》、《パッパラパーリ騎士》でリソースの拡張が可能で、2体目のミッツァイル着地の難易度はそれほど高くない。 ただ3種とも弱いカードではないので、ジョーカーズの枚数を確保できる3種4投は現状では無難な選択だろう。 採用枚数についても触れる。 これまでシータミッツァイルが占めていた環境に突然現れた赤青ジョミサ。

Next

赤青ジョーカーズミッツァイル概要

その他ジョラゴンやダムドなどSA、マッハファイターを中心に組み立ててくるデッキは多いので、こちらが詰め切れなかったときに相手の動きを制限してくれる。 チェインの途中でマナのミッツァイル、マグナ、ジョマキ、ジョー星のいずれかを回収しつつ、青マナを赤マナに変換できる。 花美師ハナコ:4枚 デッキにおける火初動。 手札の儀 闇文明 マナコストなし 零龍星雲 自分のターンの終わりに、手札が1枚もないプレイヤーがいれば、この零龍星雲を自分の《滅亡の起源 零無》にリンクしてもよい。 ただあまりにも現実的ではないような要求値のルートであったり、ヤッタレマンを利用するルートだと無色が増える分色配分が難しくなり、結果的に回らない可能性が高くなります。

Next

GR召喚は環境を壊した。 後編

2枚採用したい枠。 その後、この2デッキが環境への適応・デッキの最適化を行った結果この2つのデッキどちらからも抜けていったカードがあった。 この経験を受けて次回からはシャギーを抜く決断をします。 正直ヤバいです。 が見えれば更に展開が期待でき、ならば、そのままゲームが終わりうる。 さらにはミッツァイルを利用しながら安定的な3ターンキルを狙う赤単ブランド。

Next

【赤緑ジョーカーズミッツァイル】

トムのゼリーの欄で書いたように可変枠ではある。 (その結果、40枚同じになるケースがあります。 ・単騎ジョマキで確実に勝てる。 第2位: それは準決勝のことであった。 の能力で墓地の1枚、1枚、1体をへ。

Next

【デュエルマスターズ】強くなりたいならこのページを見ろ!!CS大会入賞デッキレシピ!!: カードを買う/ カード通販

このカードと類似したカードで怒ピッチャコーチもありますが、Jチェンジでのパワーラインを上げるためにこちらを採用しております。 《バーンメア・ザ・シルバー》の能力でめくれた《無限合体 ダンダルダBB》はスピードアタッカーでそのまま攻撃ができ、そのJトルネード能力で《バーンメア・ザ・シルバー》を戻すことで6コストの呪文、《灰になるほどヒート》を使うことができる。 SMAPONはまだ届いてなかった... 1ターン目に出たクリーチャーによって即座に城が破壊され、しかも残すか否かの選択権が相手にあるためです。 ソリティア感のあるデッキで色々な動きが出来、回していてとても楽しいデッキです。 山札は内容は何でも良いので初期状態では必ず1枚であること。

Next

【2020年 赤青ジョーカーズミッツァイル】回し方、対策方法が分かる解説記事

2体目を同様にバトルゾーンへ。 また、ももで唱えるため、やの呪文のカードにも強い。 ミッツァイルデッキとの採用とは違い、の効果で勝つ【メルゲドッカンデイヤー】などが注目されていたりしたもののプレミアム殿堂で規制されてしまったりしてしまいましたが2020年の1月では採用されてる型が優勝していたりとサブプランの地盤を見せつける結果となりました」 「まぁ・・・ミッツァイルデッキ自身が凶悪なのはあるけど正直運用方法は結構自由で、3・4ターン目には順当にいけば1コストで出てくるっていう凶悪さがあるのが難点だったのよね。 では、このデッキにおいてはどうか。 攻撃を止める能力は優秀ですが、パワーが1000と低く 《ガチャダマン》のマッハファイター付与と相性が悪いため採用されないことも多いカードです。 〉 ・The ジョラゴン・ガンマスター ミッツァイルが引けていない場合やトリガーで除去された場合にも殴れるが、詰めの動きとしてはバイナラで除去してジョマキ対象のジェイSHOCKERで殴るのが基本であり、ガンマスターが欲しい場面はあまり多くない。 あとで説明はしますが全能ゼンノーは基本は不採用理論です。

Next