カルボ カイン アンプル。 カルボカインアンプル注1%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

カルボカインアンプル注1%

以下にあてはまる方は、• また、血管収縮剤は障害を悪化させることがあるので、必要な場合にのみ使用すること。 5~0. できるだけ必要最少量にとどめること。 2.処置:過量投与時には呼吸を維持し、酸素を十分投与することが重要であり、必要に応じて人工呼吸を行う。 05mg> 浸潤麻酔 2~40mL (10~200mg) <0. ,et al. (相互作用) 併用注意:クラス3抗不整脈剤(アミオダロン等)[心機能抑制作用が増強する恐れがあるので、心電図検査等によるモニタリングを行う(作用が増強することが考えられる)]。 脊髄に腫瘍• ] 副作用 ショック 徐脈、不整脈、血圧低下、呼吸抑制、チアノーゼ、意識障害等を生じ、まれに心停止を来すことがある。 血管の多い部位(頭部、顔面、扁桃等)に注射する場合には、 吸収が速いので、できるだけ少量を投与すること。

Next

カルボカインアンプル注0.5% カルボカインアンプル注0.5% カルボカインアンプル注1% カルボカインアンプル注1% カルボカインアンプル注1% カルボカインアンプル注2% カルボカインアンプル注2% カルボカインアンプル注2%

メピバカイン塩酸塩として、通常成人には次の用量を投与する。 持続性の眼筋運動障害が発現するおそれがあるので、できるだけ薄い濃度で、必要最少量を用いることとし、外眼筋内への注入は避けること。 麻酔方法別の用量メピバカイン塩酸塩として、通常成人には次記量を使用する。 6).(硬膜外麻酔・伝達麻酔・浸潤麻酔)注射の速度はできるだけ遅くする。 人により副作用の発生傾向は異なります。

Next

ブロック注射って何ですか? またブロック注射と関節腔内注射の違い...

一般名同一薬剤リスト• 大量出血• 注射の速度はできるだけ 遅くすること。 (慎重投与) 1.高齢者。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。 4mg> 伝達麻酔 [肋間神経遮断] 5mLまで (25mgまで) <0. 以下にあてはまる方は、• 硬膜外麻酔、伝達麻酔、浸潤麻酔 用法・用量• (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦等:妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 125~0. 麻酔方法別の用量メピバカイン塩酸塩として、通常成人には次記量を使用する。 [妊娠末期は、仰臥位性低血圧を起こしやすく、麻酔範囲が広がりやすい。

Next

カルボカインアンプル注1%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

(私は規格単位の欄に記載されている全てが規格単位だと解釈しますが、規格単位に書かれている%までが規格単位であると解釈する人もいるでしょう) したがって、規格単位の10mlを省略して カルボカイン注0. カルボカインアンプル注1%5mL• メピバカイン塩酸塩として、通常成人には次の用量を投与する。 併用注意:クラス3抗不整脈剤(アミオダロン等)[心機能抑制作用が増強する恐れがあるので、心電図検査等によるモニタリングを行う(作用が増強することが考えられる)]。 なお、事前の静脈路確保が望ましい。 25mg> 硬膜外麻酔 [交感神経遮断] - 伝達麻酔 2~20mL (40~400mg) <0. また、硬膜外麻酔・伝達麻酔・浸潤麻酔時、神経が注射針や薬剤あるいは虚血によって障害を受けると、まれに持続的異常感覚、疼痛、知覚障害、運動障害、硬膜外麻酔では神経が注射針や薬剤あるいは虚血によって障害を受けると、膀胱直腸障害等の神経学的疾患が現れることがある。 3.アンプルカット時には、エタノール綿等で清拭することが望ましい。 7で、胎盤を通過する。 必要に応じて 血管収縮剤の併用を考慮すること。

Next

カルボカインアンプル注1%

血管の多い部位(頭部、顔面、扁桃等)に注射する場合には、吸収が速いので、できるだけ少量を投与すること。 (過量投与) 過量投与時、局所麻酔剤の血中濃度の上昇に伴い、中毒が発現する。 狭隅角や前房が浅いなど眼圧上昇の素因のある患者(眼科領域等の麻酔に用いる場合)[アドレナリンにより、閉塞隅角緑内障患者の発作を誘発することがある。 なお、メピバカイン塩酸塩の基準最高用量は、それぞれ1回500mgである。 また、神経が注射針や薬剤あるいは虚血によって障害を受けると、まれに持続的異常感覚、疼痛、知覚障害、運動障害、硬膜外麻酔では神経が注射針や薬剤あるいは虚血によって障害を受けると、膀胱直腸障害等の神経学的疾患が現れることがある。

Next

ジェネリック医薬品価格比較「カルボカインアンプル注1% 2mL」と同等医薬品(代替品)の価格比較

全身状態不良• 10).(伝達麻酔・浸潤麻酔)血管の多い部位(頭部、顔面、扁桃等)に注射する場合には、吸収が速いので、できるだけ少量を投与する。 2.全身状態不良な患者[生理機能の低下により麻酔に対する忍容性が低下していることがある]。 (適用上の注意) アンプルカット時:ガラス微小片の混入を避けるため、エタノール綿等で清拭することが望ましい。 なお、高齢者、小児、全身状態が不良な患者、肥満者、呼吸器疾患を有する患者では特に注意し、異常が認められた際には、適切な処置を行うこと。 敗血症• 高齢者 65歳〜• 以下の病気・症状がみられる方は、• また、神経が注射針や薬剤あるいは虚血によって障害を受けると、まれに持続的な異常感覚、疼痛、知覚障害、運動障害、硬膜外麻酔では膀胱直腸障害等の神経学的疾患があらわれることがある。 メピバカイン塩酸塩として、通常成人には次の用量を投与する。

Next

カルボカインアンプル注 1% 2mL

[共通(硬膜外麻酔・伝達麻酔・浸潤麻酔)] 妊婦等 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 心血管系に著しい障害• 敗血症• カルボカインアンプル注2%2mL• 本剤の成分又はアミド型局所麻酔薬に対し過敏症の既往歴のある患者• 但し、年齢、麻酔領域、部位、組織、症状、体質により適宜増減する• 注射針又はカテーテルが適切に位置していない等により、 神経障害が生じることがあるので、穿刺に際し異常を認めた場合には本剤の注入を行わないこと。 (慎重投与) 1.高齢者。 抗凝血薬投与中• 3.(硬膜外麻酔)注射部位又はその周辺に炎症のある患者[化膿性髄膜炎症状を起こすことがある]。 必要に応じて血管収縮剤の併用を考慮すること。 妊婦にリドカイン塩酸塩を硬膜外投与したとき、臍帯静脈血液中濃度と母体血漿中濃度の比は0. 抗凝血薬投与中• 本剤に血管収縮剤(アドレナリン等)を添加して投与する場合には、血管収縮剤の添付文書に記載されている禁忌、慎重投与、重大な副作用等の使用上の注意を必ず確認すること。

Next