伊藤 さとし。 伊藤 さとし|タックルインプレッション|シマノ

伊藤さとしのプライムフィッシング【6月に行きたい野釣り場:三名湖】|釣りまとめアンテナ

アドバイザー• 2020年3月9日 16:00 - [TSURINEWS]• そして、このアプローチの第一のキモになるのがボソタッチのエサ。 ショアでの戦闘力は? 編集部I まっちゃんさん、先日のオフショアオモック記事に対するコメント、たくさん頂いていますよ! 釣り好き!まっちゃん 率直にバリ嬉しいです。 もちろん釣り込む際も同様に小エサが基本だね。 すると再びアタリが復活し、強い流れの中でも確実にカウントを伸ばしていったのである。 5号以上のタックルバランスで何ら問題はない。 身体の一部かと思うほど、構えて、アワせて、いなして、取り込むという動作が違和感なく行える。 チョウチンか浅ダナか悩むところだが、魚影特濃な同湖であれば、ここはひとつ数釣りを堪能できる浅ダナ狙いをチョイスしてみてはどうだろうか。

Next

伊藤さとしのプライムフィッシング【6月に行きたい野釣り場:三名湖】|釣りまとめアンテナ

「まだ食うような動きではないが、目指すところはナジミ際に食わせること。 むしろ細過ぎてライントラブルばかり起こしては、それこそ数釣りには本末転倒だろう。 今回のような1m前後のタナでは五番が基準となり、追いが悪くなったときにハリスの長さ調整と合わせて、ウキのサイズダウンでも追いやすい状態を演出している。 へら鮒釣りにとって流れは嫌われがちだが、水路で荒川本流と直結するびん沼川ではへら鮒の供給は勿論、流れがあることで常時高活性でいられるというメリットもある。 おあつらえ向きとは正にこのことだが、実はこのヒゲトロセットでも見事な結果を披露してくれた伊藤。

Next

伊藤 さとし|タックルインプレッション|シマノ

従来の尺刻みで長短の不満を感じていた点を解決して、幅広い用途を実現。 それに狙った所へのキャスト精度もかなり上がりました。 まずは両ダンゴでタナ80cmから攻めるという。 防波堤から投げてみた ライトショアジギングで出番の多い20~40グラムのオモックを準備し、いつも通っている防波堤からフルキャスト! 2月下旬と釣れる魚種が限られるシーズンですが、ビッグフィッシュを夢見て狙っていき… ポイズンアドレナは、シマノが製作している人気バスロッドです。 もし隣も浅ダナ狙いなら、できるだけ竿の長さをそろえないなど、ウキが立つ位置にひと工夫が欲しい。 」 そうこうするうちに支度も整い実釣がスタート。

Next

稲村順一が徹底レポート「釣技最前線」第32回 伊藤さとしが教える 盛期のびん沼川攻略法! Chapter1 追わせて食わせる両ダンゴ

」 この言葉通り、釣れるペースこそ入れ食い状態に近いのだが、その実態は真に細やかなというか、そこまでやるか?というくらい頻繁なハリス・ハリ・ウキ交換が繰り返さていたのだ。 明らかに対岸の方に入釣者が多いが… 「どこもよく釣れるが、不思議とさいたま市側に人気が集中するね。 2018年のJBトップ50年間優勝者である早野剛史プロは、このロッドシリーズを駆使してタイトルを獲りました。 4号を基準とする。 基エサのタッチはボソ感の強いものだが、指先で摘まんでみると思った以上にまとまりは良い。

Next

伊藤 さとし|タックルインプレッション|シマノ

アワせて胴に乗る"ちょい硬"が頼もしい。 「ボソエサで興味を惹きつけておいて上層から追わせ、タナまで誘導して食わせるためにはエサの自然落下度が重要になる。 だから純然たる野釣りという攻め方ではなく、管理釣り場のテクニックを応用したびん沼川仕様のアプローチで臨む必要があるんだ。 取材時は平日ということもあって11尺を継いだ伊藤だが、周囲でも常連は皆同じくらいの長さのサオを振っており、実際にこの長さの実績が高いことがうかがわれる。 これからの時期は浅ダナ狙いの釣りが中心になるが、管理釣り場のようにタナ規定がある訳ではないので、上手にタナを合わせることで釣果に大きな差がつくこともある。 つまりウキの立つ位置に落とし込むのか、それともやや沖めに振り切って打ち込むのか。 タックル図 (作図:週刊へらニュース 伊藤さとし) では浅ダナで束超えを狙うには、どう動けばいいのか。

Next

稲村順一が徹底レポート「釣技最前線」第32回 伊藤さとしが教える 盛期のびん沼川攻略法! Chapter1 追わせて食わせる両ダンゴ

追わせて食わせる伊藤の両ダンゴ釣りはいかがだったろうか。 釣行前に基本スペックを再度チェックしておきましょう。 スイムベイトやビッグベイトをキャストするロッドは、どのブランドメーカーも7フィートを超える長いものばかり。 特に流れが強くなったときは横に流されていってしまうだけになるので、ほとんど食いアタリは期待できなくなる。 さて、改めて伊藤のウキの動きに目を移してみよう。 それは実にこまめなハリスワーク。

Next

伊藤さとしのプライムフィッシング【6月に行きたい野釣り場:三名湖】|釣りまとめアンテナ

印旛水系、日本水郷(霞ヶ浦)、そして埼玉水郷で振る人が特に注目すべき竿といえるでしょう」 自己スタイルに合った、尺半刻みに秘められた可能性を見つけ出す。 ポイズンアドレナ166H-SBのインプレ 参考価格¥30,963 感度といい、軽さといい申し分無いです。 そこで水位が回復するまでは、中央ロープの旧石切前~水神前周辺がイチ押しではないだろうか。 それでも手を替え品を替え、それまで伊藤自身が実践してくれた技のすべてを駆使して状況の打開を図ったが、どうにもならないことを察知した伊藤は「迷ったら迷わずヒゲトロセットだね(苦笑)」と言いながら、早速釣り方の変更に取りかかった。 タナは徐々に浅くしていく タナはメーター前後でスタートして、魚が上っ調子ならそれに合わせて徐々に浅くする。 常識を覆す硬式胴調子竿。

Next

伊藤 さとし|タックルインプレッション|シマノ

初めに仕上げた『バラケマッハ』で締めたものが最もパンチの効いたボソタッチのエサで、今回のような上層から追わせる釣り方に適している。 ポイズンアドレナ センターカット2ピース166ML-2のインプレ 参考価格¥33,404 DAIWA19スティーズCTSVTWをセットして使ってます。 <週刊へらニュース 伊藤さとし/TSURINEWS編> 関連記事• そんな伊藤氏に『特作 天道』についての印象を尋ねました。 要は釣り方次第ってとこかな。 そして、その違いを改めて確認した伊藤が『バラケマッハ』 を使った元のブレンドに戻すと、再びリズミカルにウキが動き始めたのが印象的であった。

Next