二度目の勇者は復習の道を嗤い歩む 小説。 二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 7 〜浅ましき正解者〜(最新刊)

狂気と復讐に満ちた物語~「二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む」を読んで、評価・感想

ちなみにが引き続き連載されています! まとめ 『復讐モノ』のポイントは主人公に感情移入できるか? どうでしょう、好きな作品は見つかりましたか? 復讐モノのポイントとしては、 人公に感情移入できるかどうか。 それも、尋常ではない恨みを抱えた。 また、契約前から持っている「緋の瞳」という能力により魔力の高い感知能力を持つ。 その証拠に、人気作者の新作でも固定読者のポイントが尽きた途端にランキングを下降していくのを見かけます。 命も共有化されるので互いに裏切って殺すことも不可能になる。 ルーシャ ミナリスの復讐相手で幼馴染。 『しっかりと復讐を遂げている(遂げようとしている)』(1. 裏切りというのも、説明文からは最後の瞬間しか伝わってきませんが実際には魔王を倒した後から始まり一年を掛けて様々な信頼していた人に裏切られ続けた果てに殺されます。

Next

二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 7 〜浅ましき正解者〜(最新刊)

キャラクターが凝っている小説はたくさんありますが、この小説はそれらとベクトルが違います。 元魔王は、とある事情から本調子ではありませんが、それでも強いしカワイイ。 海人は紆余曲折の果てに魔王を倒して世界を救ったが、人類の敵という汚名と冤罪を着せられたうえに今まで助けてきた異世界の人間から命を狙われ、ついには昔助けた人々に騙されかつての仲間の手によって嘲笑われながら殺されてしまう。 ) これらの条件を満たしていると尚ありがたいです。 たとえ不正で日間ランキング上位に上がっても、読者に受け入れてもらえなければそのまま沈んでいくはずです。

Next

更新再開のお知らせ 他|蒼月浩二の活動報告

なかなか凄惨な復讐を笑いながら実行するので人によっては嫌な気分になるかもしれません。 こうしてキキット村は交通の便が悪い辺境という立地もあって地図から消され、人々の記憶からもあっという間に忘れ去られていき、わずかな者のみが「白染め村」と呼ぶのみとなっていった。 ゴルド 暗殺者。 そこから勇者の狂気に満ちた復讐が始まる。 関連タグ 関連記事 親記事. 通常の剣として使用できるほか、強い憎悪を持った相手の胸元にナイフ状にしたこの剣を突き刺すことで海人と復讐の契約が結ばれ、新たな能力を契約者に発現させる。 傀儡憑代で操るぬいぐるみで自分に襲い掛かっていた悪魔を返り討ちにし、それを喰らったことでダークエルフのような姿に変貌した。 ちょっと残酷過ぎる気もするけど、復讐ものの、実際に復讐する部分が好きな人にはおすすめです。

Next

二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 7 ~浅ましき正解者~ (MFブックス)

ついに想い人 魔王レティシア登場。 ミナリスが住んでいたキキット村にも行ったことがあり、彼女が村人から迫害され追い出されたことを知っている。 一度目の世界でメテリアに『聖杯の呪毒』を打ち込まれて『聖女の呪い』を付与されており、解放すると自身の能力が下がる上に体力と魔力を奪われて数日間昏睡状態となり、加えて使用の形跡と現在位置をメテリアに知られてしまう。 」拷問の最中で、絶体絶命の際に助けられた相手に裏切られる。 狂気に満ちた登場人物によって紡がれる物語が普通のはずがありません。 どうしてこんな奴らのために戦ったのだろうかと後悔しながら。

Next

【最新刊】二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 7 ~浅ましき正解者~

2度目では、海人の策によって、商会を潰され、失意の中、スライムに追われ、たどり着いた先は・・・、「学校」が建てられる地で、彼の部下が、逆さに吊るされ、血まみれで死んでいる姿だった。 海人の記憶が事件のカギを握っていると確信し彼に記憶を急いで思い出すよう迫るが、一方で最も事件の被害を受けている宇景兄妹をそっとすべきだとも思っている。 じゃあ、「回復術士のやり直し~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~」と比べたら……というと、「回復術士のやり直し~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~」の方がよく纏まっており展開が早いけれど、勢いはこっちの方があるという印象です。 そして『チュートリアル』は終了し、復讐という名の『本番』が幕をあけます。 聖杯の呪毒 対象の固有能力を全て無効化し、大罪の剣に『聖女の呪い』を付与するほどの特殊な毒。

Next

[B!] 【垢BAN】なろう小説『二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む』が規約違反により作者のアカウントごと削除される | まとレーベル@ラノベ&なろう小説新刊情報まとめサイト

流されやすい、という欠点があり、帰ることを優先していたとはいえ、1度目で仲間達の悪事を見抜けなかったのは、この欠点が影響している。 無機物に魔力を込めることで仮初の命を与え、術者の命令を遂行する。 王女から、勇者の仲間から、果ては国民までもから疎まれ裏切られる。 途中ちまちま怪しげに登場繰り返し(数巻)、今巻おかしな存在引き連れ、終いには事態混迷させて終わります。 大罪の剣に更なる呪いを重ね、固有能力を無効化させる『聖杯の呪毒』を作り出せる唯一人の人物で、二度目の世界で暗殺者を使って海人を呪毒に侵させ、全てをやり直させて自分と結ばせるために海人を地球へ強制送還した。 次なる標的を求めて、彼は獣人少女のミナリスとダークエルフのシュリアという二人の共犯者と共に、魔法国家の都『カーバンヘイム』へ到着する。

Next

二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 7 ~浅ましき正解者~ (MFブックス)

それは獣国の皇子レオンと、魔王レティシアの姉のリリアであった。 「正義の名のもとに目の前の悪を倒す」という言葉をかつて無実のミナリスに実行したように、今度は自分が悪人に仕立て上げられ、何を間違えたのかわからないまま失意のうちに命を落とすという、因果応報の末路を辿った。 海人は紆余曲折の果てに魔王を倒して世界を救ったが、「新たな魔王」という汚名と冤罪を着せられたうえに異世界の人間から命を狙われ、ついにはかつての仲間の手によって殺されてしまう。 海人の記憶が事件のカギを握っていると確信し彼に記憶を急いで思い出すよう迫るが、一方で最も事件の被害を受けている宇景兄妹をそっとすべきだとも思っている。 とはいえ、そのあたりが次巻でしっかり補足・展開されていけば取り越し苦労ですが。

Next