さかえ 屋 福岡。 さかえ屋 西鉄大橋西口店

蔵出し明太子のさかえや(辛子明太子)/TOPページ

2015年5月12日 【お題】 「福岡で知られていて、値段が安くて、お年寄りが食べられる、贈答用のお菓子」 さて、何があるでしょう!? できれば1か月くらい日持ちがするとありがたいんですが。 資金面を管理する管理本部長兼常務取締役としてメインバンクの西日本シティ銀行飯塚支店長の川島一久氏が出向という形で役員となった。 の印(JRのマーク)に類似するが、実際は異なる。 栗ぜんざい• 日付指定・時間帯指定も承っております。 初めてのご注文でご本人様お受け取りが無い場合は、 お振込み確認ごの発送となります。 。 お支払い方法のご指定がない場合、「代金引換」とさせていただきます。

Next

なんばん往来 さかえ屋

その感動をかたちにしたお菓子をと、あれこれ思いをめぐらせていたある時、九州ではまだ馴染みのうすかった小さなタルト型に出会い、南蛮船のイメージが重なりました。 取り出した豆を発酵・乾燥させる 3. あまりに突然の人事であり、その人事の面々が様々な憶測を呼んだ。 高血圧や動脈硬化などの予防にも効果が期待され、高カカオのチョコレートは中高年の間でも人気が高まっている。 すくのかめ小豆(北海道産小豆をふっくら炊いた粒あんです。 その代わり安いです。 1個115円(税込み) ふくふくふくれ 出典: 自家炊きのつぶ餡と宇治抹茶葛をむしあげた「宇治抹茶」と、同じく自家炊きのつぶ餡とミルク風味のカスタードを包んだ「クリーム金時」の2種類です。

Next

さかえ屋

。 本来なら最終損益が約3億円の赤字だったが、架空在庫を計上し、約1千万円の黒字としていた。 やっぱり福岡のもの、ということであれば、通りもんでいいか~?、という結論になりそう。 こちらは、国産バターに、あまおう苺のパウダーとヨーグルトペーストを練り込んだ軽いバタークリームが入っています。 1957年には、「 すくのかめ」という、現在でも売られる看板商品の最中を販売。 胡桃とアーモンド(ローストしたクルミにカリッとアーモンド)• 見た目は、よくありがちなお土産スイーツかと思いましたが、さすがの人気の商品ですね。 さかえ屋は長崎街道・飯塚宿の街道沿いに生まれ、シュガーロードのいにしえの出会いに想いを馳せて生まれたのが九州由来菓子「なんばん往来」です。

Next

さかえ屋の粉飾決算

さすが人気のスイーツですね。 一個210円(税込み) 玉の子ブッセ 出典: フワッフワのブッセ生地に バタークリームを挟んであります。 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 レーズンサンド• 全部で830円でした。 このアクセントが濃厚な中に爽やかさを奏でています。 焙煎 5. その他、直営の販売店が、博多駅・ショッピングセンター・スーパーに多数。 滞在時間• また、土台となっているパイの部分には、 ヨーロッパ産の発酵バターを使用しているとのこと。

Next

蔵出し明太子のさかえや(辛子明太子)/TOPページ

パイは、その折り重ねの数によって、味わいが決まるもの。 カステラ巻なら賞味期限が26日程度あるのよー。 詳しくは さかえ屋公式サイト さかえ屋公式ホームページ 詳しくは 配送・送料について お届け先一か所につき、(商品代金)5,000円以上で全国送料無料となります。 あんまり表現が上手じゃないですが、とにかく美味しい!一個120円はびっくりです。 ショップ なんばん往来 さかえ屋オンラインショップ All Rights Reserved. 同社は非上場で、決算は公表していないが、西日本新聞が入手したさかえ屋グループ(8社)の「連結決算報告書」によると、11年5月期の売上高は約86億4400万円、純利益は約1千万円。 ジャムとスポンジケーキだと、ありがちなスイーツの味になっていたと思いますが、とにかくパイの存在が大きい。 推薦商品:なんばん往来 さかえ屋 【商品コメント】 アーモンドを使った焼き菓子はふっくらと柔らかく焼き上げるのがとても難しいお菓子。

Next

なんばん往来で人気の「さかえ屋」アウトレット店

1個135円(税込み) ラミントン 出典: オーストラリア生まれのスイーツ「ラミントン」。 また、香ばしいアーモンド生地と濃厚なバターの風味を引き立てているのが中に添えた甘ずっぱいジャム。 マンゴー(マンゴー顆粒をまぶした、フルーティーな味わい) 1個250円(税込み) 博多あまおう焼き饅頭 出典: 純生クリームと練乳を練り込んだあまおう苺のなめらかな餡。 挙げてみると、案外たくさんのお店があるんですね。 成型・完成 スポンサーリンク. 「なんばん往来」独自の工夫でアーモンド100%でもしっとりと柔らかな生地を実現。

Next