ファモチジン od20。 ファモチジン錠20「サワイ」

ファモチジンOD錠20mg「オーハラ」

の急性増悪期の胃粘膜浮腫の改善• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 (50代病院勤務医、消化器内科)• 2.重大な副作用(類薬) 不全収縮:他のH2受容体拮抗剤で不全収縮が現れるとの報告がある。 や、胃炎、などを治療するお薬です。 副作用 副作用は少ないほうです。 ・ネームバリューがあり、患者にも知名度が高い。

Next

ファモチジン:ガスター

や、胃炎、などを治療するお薬です。 ジェネリックを発売するに当たっては「これは先発品と同じような効果があるお薬です」という根拠を証明した試験を行わないといけません(生物学的同等性試験)。 注意は必要ですが、臨床で適切に使っている分には見かけることはほとんどありません。 稀に重篤な副作用の報告もありますが、臨床の実感としては十分安全に使用できるお薬になります。 肝臓:AST上昇 GOT上昇 、ALT上昇 GPT上昇 、Al-P上昇、総ビリルビン上昇、LDH上昇、肝機能異常、黄疸。 ガストリンも胃酸を分泌させるはたらきがあるため、H2ブロッカーであるファモチジンは効果を示します。 (40代病院勤務医、一般外科)• の急性増悪期の胃粘膜出血の改善• 当院ではファモチジンは静脈注射製剤も採用されているので、内服にスイッチする患者もしばしばいる。

Next

ファモチジンの効果と副作用

5).横紋筋融解症:横紋筋融解症が現れることがあるので、高カリウム血症、ミオグロビン尿、著明な血清逸脱酵素上昇、筋肉痛等が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 3.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:発疹・皮疹、蕁麻疹(紅斑)、顔面浮腫[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。 ただし、上部消化管出血の場合には通常注射剤で治療を開始し、内服可能になった後は経口投与に切りかえる。 治療にあたっては経過を十分に観察し、病状に応じ治療上必要最小限の使用にとどめ、本剤で効果がみられない場合には他の療法に切り替える。 【その他】• なお、年齢・症状により適宜増減する。 (70歳以上開業医、一般内科) H2ブロッカー この薬をファーストチョイスする理由(2016年12月更新)• 急性ストレス 潰瘍の上部 消化管出血• また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 妊婦等:妊婦又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。

Next

ファモチジンOD錠20mg「トーワ」

再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、血小板減少:再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、血小板減少 初期症状として全身倦怠感、脱力、皮下出血・粘膜下出血、発熱等 が現れることがあるので、定期的に血液検査を実施し、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。 • 【効能B】 次の疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善//急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期。 ・十分に必要な効果が得られるため。 とくに、もともと腎臓の悪い人や高齢の人は注意してください。

Next

ファモチジンの効果と副作用

また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる。 症状が重いときは多めになりますし、逆に軽い胃炎では半分の量になります。 いまはPPIが取って代わってしまい、H2ブロッカーを使用すること自体がすごく減ってしまっている。 (60代病院勤務医、一般内科)• 結論から言ってしまうと、先発品とジェネリックはほぼ同じ効果・効能だと考えて問題ありません。 中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(SJS)• 3.ファモチジンにはどのような作用があるのか ファモチジンは主に胃酸の分泌を抑えることで胃を守る作用があります。

Next

ファモチジン:ガスター

以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 また、1回40mgを1日1回 就寝前 経口投与することもできる。 これを「先発品より品質が悪いから」と誤解している方がいますが、これは誤りです。 1.胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群:ファモチジンとして1回20mgを1日2回(朝食後、夕食後又は就寝前)経口投与する• ファモチジン錠20「サワイ」に関連する病気 関連する可能性がある病気です。 ファモチジンも一般的なH2ブロッカーであり、他のH2ブロッカーと大きな効果・効能の差はないと考えてよいでしょう。

Next