相撲 小褄取り。 相撲技(決り手)一覧 :相撲ー四季通販

【大相撲】決まり手一覧(大相撲八十二手・五非技)

腰などの力がないととても決まるものではない。 決まり手の半数はこの二つで決まるということですね。 全部覚えても試験には出ませんので、覚える必要はないのですが、へーそんなものもあるんだ!って感じで、この後みていけたらと思います。 14: 腰投げ【こしなげ】 上手でも下手でもよいし、廻しを取っていなくともよい。 146• 以上の82手の他に、非技と言われる5手があります。 禁 手 1 握り拳で殴ること。 片閂を主要的に用いる技は、など変形のである。

Next

相撲の決まり手はいくつあるの?珍しいものやド派手なものも含めて一覧を紹介

決まり手ではない勝負結果は、平成の改定前には2種のみで、現在は5種になっている。 つかみ投げ =上手から褌を取り、その上手で自分の後方に相手を投げ捨てる。 決まり手が多いもの 次の決まり手ランキングをみていただくと、なんと53. 下表の通し番号は勝手に付けたものであり、「何番目の決まり手」とかがあるわけではありません。 足は外掛けでもよい。 適宜活用して下さい。

Next

相撲の決まり手はいくつあるの?珍しいものやド派手なものも含めて一覧を紹介

SPOSHIRUおすすめ情報! こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめする お得な情報をご紹介します! ストレスフリーの超快適マスク! すぐ乾くからムレにくい スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。 その他、本場所で出た多いものランキングなどを紹介しますので、一緒にみていきましょう。 どもっ!相撲観戦が好きな管理人です。 5: 寄り切り【よりきり】 四つ身に渡るか、さなくとも差して寄り進み、堪える相手を土俵外に出す。 十両以上では1度だけ記録されている。 63: 小手捻り【こてひねり】 四つに組んで上手を取らず、小手に巻いてその側に捻り倒す。 協会の定義では土俵内において相手が倒れた場合にのみ適用することとなっているが、円の外に相手が倒れても送り倒しとされているのが実態である。

Next

相撲の技一覧!珍しい決まり手や種類はどんな技なのか紹介します!|相撲道

昭和29年にできた新名称である。 顎で相手の肩を締め、肘で相手の肘を極めるのがコツとされる。 顎で相手の肩を締め、肘を締めて相手を真下に引き摺り落とす。 決まり手図解イラストは、いっぱいあったのですが... 相手の重心を崩して体を泳がせ、流れた足首を掴み、引き上げて倒す技。 カテゴリー• 1935年(昭和10年)に56手• 26: 蹴返し【けかえし】 四つに組むか、押し合い突き合いにおいて、単に足を内側から蹴って倒すか、蹴って引き落とす技。 相手が(もろさし)にきたとき、その両腕を自身の両腕で外側から抱え込むように捕らえて相手の動きを封じる技。

Next

初心者のための大相撲観戦ガイド!大相撲観戦の基礎知識総まとめ!!

7 胸、腹をけること。 掛けていない足を、手ですくう。 相手が低く腰に喰いついて寄ってきた時、片手は普通の上手の取り方で、もう一方の手では相手の肩越しに、元々取っていた上手と拳を並べるようにして上手を掴み、打っ棄るように振り捨てる。 1: 撞木反り(しゅもくぞり) 相手の懐に潜り込み、相手を横向きに肩に担ぎ上げるようにして後ろに反って倒す技。 肘の関節を締め付ける場合もある。

Next

小褄取り(こづまとり)

合掌捻りは2000年に新たに制定された決まり手で、幕内では1965年、十両では1987年を最後に決まっていない珍しい決まり手。 3: 掛け反り(かけぞり) 相手の腋に頭を入れ、切り返しのように足を掛け、後ろに反って倒す技。 残る一方の手は、上手の時は相手の差し手を抱え、差している時は胴を巻く。 反りの中では最も易しいとされるが、とんと見ない。 がうまく試合でよく用いている。 レアな決まり手10選 管理人が調べたレアな決まり手10選の紹介です。

Next

大相撲見物便覧・決まり手

23: 手斧掛け【ちょんがけ】 片方の足先を曲げて、対角線側にある相手の足に内側から掛け、寄るなり突くなり捻るなりして倒す技。 13: 下手出し投げ【したてだしなげ】 腰は入れず、肘を締めて体を開き下手から相手を地に這わせるように投げる。 平成以降で三所攻めを決めたのは技のデパート・舞の海関のみで、しかも2回も決めています。 非4: 着き膝【つきひざ】 寄り身にしろ押しにしろ自らの不注意から、あるいは稽古の不足から膝をがっくりと土俵に着いてしまうこと。 特に、掴み投げについては、平成に入ってから幕内の取り組みでは出ていない非常に珍しい決まり手です。 この結果はいつの時代でも代わりはないような気がします。

Next

相撲の技一覧!珍しい決まり手や種類はどんな技なのか紹介します!|相撲道

20: 掴み投げ【つかみなげ】 上手であろうと下手であろうと一本廻しを掴み、相手を真上にエイと吊り上げ、右廻しからなら右へ、左廻しからなら左へ振り飛ばすか、 または、ブンと掴み上げざま廻しを放して相手を俯せに落とす強引な技。 上手でも下手でもよい。 49: 肩透かし【かたすかし】 浅く四つに組んで、差し手を相手の腋の下に引っ掛けるようにして前に引くと同時に、一方の手で相手の肩のあたりを叩くか首根っこを掻くようにして曳き廻して倒すのをいう。 日本酒をお猪口に入れるとっくりを持つ際に頭(実際には首)の部分をつまむことが由来である。 勝敗は認められます。 2 頭髪をつかむこと。 返し技でない逆とったりは、一本差して、相手がその腕を取ろうとする時に相手に背を向けて取られた腕を引っ張って振ると、先にとったりを引いたことになって相手がのめる。

Next