ナス 育て 方。 ナスの簡単な育て方

ナスの育て方、種まき、育苗から追肥、支柱立て、たくさん収穫できるコツ

ナスの苗を植えつけるとき苗の土と畑の土の高さをそろえて植えましょう。 青ナス(白なす) 「青なす」や白なすは、果皮が緑色や白色をしたナスの総称です。 また、スコップや移植ごてを根のまわりに差し込み、古い根の一部を切ることで株が若返ります。 ナスは5月に植え付けた後、順調に育てば6月中旬頃から収穫が始まります。 ナスを植え付ける際、畑にナスの苗を入れるための穴を掘りますが、掘った穴の中にも水を入れてたっぷりと水を吸わせることが大切です。

Next

ナス 育て方 初心者編

最初から本支柱を立ててもかまいません。 誘引とは茎や枝を支柱で固定して、倒れるのを防いだり成長の方向を調整したりすることです。 また、黒色のマルチングは、土の乾燥防止や、雑草防止など、地温を高める以外の効果も期待できます。 そして、たっぷりと追肥を入れて水やりをします。 【褐斑病(かっぱんびょう)】 糸状菌(カビの仲間)によって起こります。

Next

ナス

除草を行って周囲からの侵入を防ぐことも効果があります。 土は市販の野菜用培養土を利用すると便利です。 周囲にムギなどのイネ科植物を植えて侵入防壁にし、そこに寄生させる方法も効果があります。 また、ナスは高温多湿を好むのですが、土が多湿になり過ぎると、青枯病やうどん粉病などになりやすくなります。 だいたいは茶系の芋虫で中型から大型です。 テントウムシだましの駆除方法 見つけ次第捕殺するのが一番です。

Next

ナス(茄子)の栽培方法・育て方のコツ

ヘタにはトゲがあるので取り扱いに注意。 長ナス品種…代表品種「筑陽(ちくよう)」。 ナスの連作障害対策 ナス科に属する野菜は連作障害を起こしやすいので、ナスをはじめとする、トマトや、ジャガイモ、ピーマンなどを栽培する場合は充分に気を付けなくてはいけません。 また、施肥する場所は、株の成長に従って根の外周も広がっていきます。 中長ナス スーパーなどで売られている一般的なナス。 一回の追肥量は、一株当たり化成肥料で片手一握りぐらいを目安に成長を見て行います。

Next

ナス栽培☆埼玉青なすの種まきから収穫時期までの育て方

重さも水分が多いせいで、中長などよりも、一割ほど重くなります。 【6月下旬〜10月下旬】収穫・枝葉の整理 株が小さいうちにつく最初の実と二番目の実は、株の負担を減らすため、小さめで収穫。 虫に食われる前に、早期収穫していくと長く多く収穫できます。 それと同時に支柱も3本立てにしてください。 それよりも下から出てくるわき芽は、不要なわき芽なので、 小さいうちに手で摘んでおきます。 低温期に定植する場合は、苗カバーなどで保温しましょう。

Next

ナス(茄子/なすび)の育て方・栽培方法【春植え】

連作を避け、肥料切れに注意します。 やがてナスの果実全体が軟らかくなって腐敗してしまいます。 【殺虫殺菌剤】 害虫と病気両方に効果• 5月に苗を植え付けする場合は種まきは定植の80日~90日前(接ぎ木苗をする場合の台木品種の場合は更に15日前)。 梅雨明け後の高温乾燥期に多く発生し、開花後15日以後の 果実の水分不足で発生します。 プラグトレー(小さな育苗鉢がいくつもつながっている容器)に1セルに1粒ずつまき、種に十分な栄養とスペースをいきわたらせます。

Next

ナス

「一番果はとった方が良い!」「いや! なり癖をつけるために残した方が良い!」 いろいろと言われていますが、結論は、「状況によりけり」です。 それは、花に栄養がいく分を、これからナスの実をつける株の方に栄養を行き渡らせるためです。 双子ナス、へん平果、舌出し果 低温、多肥、かん水などが重なって、花芽が栄養過剰になると発生します。 早めに発見して薬剤を散布します。 回避するためには、同じ場所でナス科の植物を4~5年栽培しない、土壌を改良する、土壌を入れ替える、そして連作障害に強い接ぎ木苗を使う、という方法があります。 そのため早い段階から店頭に苗が並ぶようになってきていますが、ナスは寒さに弱いので早植えは禁物です。

Next