ドサイドン ダブル。 【ダブル】ヌケニン+ドサイドン【ラプラス対策】

【ポケモン剣盾】初心者向け!安定行動を連打するドサイドントリパ【ダブルバトル】

初手でドサイをダイマックスさせます。 弱点である草、水、氷、地面、格闘、鋼タイプはすべて相方のヌケニンのふしぎなまもりで無効化でき、ヌケニンの弱点のうち炎、飛行、岩を半減で受けることができます。 砂かきのないなのでやこちらの砂かきで上から圧力をかけても良い。 相手がノオーの場合吹雪警戒でノオーにジャイロボール。 またダイマックスをするエースのドサイドンが支援?と思うかもしれないが、支援できてしまうのが今作のダイマックスである。 トゲキッスの基本データ2. より遅い相手がいれば、ほぼトリルを貼ることができます。

Next

【剣盾ダブル構築】S4最終384位:ガチトリル!キョダイマックスブリムオン軸

チェリム入りの選出ではダイマックスでアドをとりつつどのポケモンを残してチェリムで詰めるかを考えながら立ち回るのもとても重要です。 しかしどの技も決め手としては弱かったため、汎用的で多くの場面で採用できるサイコキネシスで妥協している。 そんな時にドラパルトからウインディに引くと、相手のハイドロポンプを貰って倒れてくれるので、ドサイドンの無償降臨が可能となる。 ねこだましを誰が習得するかまだ覚えてねえ!という初心者の皆には本当にお勧め。 ダブルバトルでは初手にダイマックスの打ち合いになることが多いので、ドラパをダイマックスさせずにゴーストダイブで相手のダイマターンを枯らしてラストトリルドサイドンでダイマックスさせるルートもあります。 故に「こうげき以外のステータスは伸ばさない」ようにして努力値を余らせると言った選択であったり、「いっそ耐久の個体値を下げる形でステータスをより下げる」だったり、「素早さは伸ばすが特定のラインで止める」と言った多くの選択肢が存在する。 とにかく決まった行動を連打するようにしましょう。

Next

【ダブル】ドサイドンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

次にダブルバトルをやるにあたって個人的に大事だと思うことを。 そこで サイドチェンジを使用することで相手のキョダイセンリツやダイストリームを無効化し、ドサイドンの攻撃で返り討ちにします。 前回はトリトドンが使用率トップでしたが、前々回と同じくエルフーンが使用率トップに戻っています。 の隣をに交代させて砂嵐を起こし、すなかきの速度で奇襲、という動きもできるため先発の出し方の幅も広い。 ドサイドンのダイマックス中は単体攻撃しかできないため、迅速に相手の残数を削りたい時は非常に優秀なダメージソースとなる。

Next

【剣盾ダブル構築】S4最終384位:ガチトリル!キョダイマックスブリムオン軸

ダイバーンで天候を晴れに変えても次のターンジョーに奪い返されやすい。 またゴーストタイプなのでねこだましを気にしなくてもよく、とても扱いやすかったです。 臆病CS型で採用した理由はシーズン3ではHCベースのシャンデラが体感多いと感じたこと、ふういん採用型なので相手のシャンデラより先に行動し封殺することができるためです。 この構築の臆病シャンデラは読まれにくかったためか、トゲキッスやバンギラスの上から行動し、相手の想定を狂わせることが多かったです。 浮いているを二匹並べると相手はダイアースを撃てないので特防も上げられない。 サマヨールは「おきみやげ」で退場し、高火力アタッカーのドサイドンを中心に殲滅を狙うって感じですね。

Next

【シーズン1ランクダブル】定番の組み合わせについて

セキタンザンはベースのダイソウゲンを使えると攻撃範囲が広がるので、特殊型にして使われることが多い。 またこのポケモンは「いかく」によって計算が崩されることなく、相手のニンフィア等を倒せる高威力先制技持ちとして採用されているだけであり、相手のパーティに「いかく」が多いという理由で選出するのはウインディと同様、基本的に誤りである。 ムキムキパッド 逃げるエネルギーが4なのでドサイドンVも対応。 このポケモンの枠はこの構築で厳しいバンギラスドリュウズ構築に強いポケモンがおススメで、 水ロトムやカポエラーやローブシンなども検討の余地ありだと考えています。 現環境ではドリュウズなどの天候エースや追い風、ダイジェット等の素早さに関連する駆け引きが多く行われているが、今世代からの素早さ変動の仕様ははっきりいって面倒くさい。 ジョーの技構成としてはをメインに、とじごくづきをサブにしたものが多く見受けられる。

Next

【ポケモン ソード&シールド】600BP入手のためのダブル用レンタルパーティまとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

もたせるとHPが280とタッグチームと同じ耐久になる。 この選択を取れることが基本選出でアーマーガア選出を優先する理由にもなっているため、一見刺さっていないように見えたとしても、できる限りアーマーガアの選出を優先したい。 エースポケモン+チェリムといった盤面ではエースのポケモンが狙われやすいためエース:まもる、チェリム:やどりぎのたねといった動きがとても決まりやすかったです。 弱点保険込みの火力はほとんどの相手を1発で倒せる上に、物理耐久が元々高く、特殊耐久は「ダイアース」と「ダイロック」で補えるため倒されにくいのも強さのポイントです。 ドサイドン軸のトリックルームパーティ 本日の配信で使用し、ダブルランク3位まで上げたドサイドン軸の構築です。 HPを16n-1,10n-1調整すればよかったと気づいたのはシーズン後半。 中速ポケモンであれば相手が追い風をしていようとも上から行動できたりします。

Next

【ポケモン ソード&シールド】600BP入手のためのダブル用レンタルパーティまとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

この選出で基本的にロトム 水 だろうが、ナットレイだろうが押し勝てる。 ねこだましをもつトリル要因のゴチルゼル+バタフリーの並びならばズルズキン+シャンデラと出したりもします。 今回はINC 全国大会の予選インターネット大会 に出るために1ヶ月前からダブルバトルをやり始めて、結果こそは出せなかったもののかなり練り込めたのでパーティ構成やダブルバトルにおいて重要なことなどを記事にしてみました。 打つ技など考えないといけないです。 21 目次 1. Sを準速ペリッパー抜き調整 Cはわるだくみダイストリームでチョッキドリュウズを確定1発です。 ドサイドンは地震。 ヤレユータンはバンドリを意識して物理耐久に特化しているため、特殊型であるダイマックスサザンドラのダイアークは極めて厳しい相手となる。

Next

【ポケモン剣盾】初心者向け!安定行動を連打するドサイドントリパ【ダブルバトル】

またヘビーロックキャノンは一度使うとポケモンをいれかえたりしない限り再度使うことができない。 ダイフェアリーやダイソウゲンでフィールドを変えておくのも良い。 基本且つもっとも強力な選出となっており、この選出をできない場合は基本的に不利となる。 特殊技に関しても中途半端な特攻ののくらいならば耐えることも。 初心者の方に素早さの仕様に限らず、多くのポケモン対戦の基本知識を覚えろ!と言うのは酷だと思ったので、回し方そのものは比較的簡単かつ単純明快。 2020. 次に初手に出てきやすいメジャーなポケモンの並びに対する立ち回りについて ・エルフーンリザードン エルフーンのにほんばれや追い風でキョダイリザードンを通してくる並び。

Next