ラクスル ir。 IPO後の成長に向けたラクスルの資本市場戦略

ラクスル株式会社 第7期決算公告

未上場時は、累計で80億円のファイナンスを実施するのに8年ほどかかった。 90 61. 2018年9月29日閲覧。 「事業開発」と聞くと、経験豊富なミドル人材による、業務提携やアライアンス推進がイメージされることが多い。 05-07 3,236 149 123 99 4. 松本氏自ら「印刷の会社」ではないと断言するラクスルの強さは、どこに起因するのか。 松本たしかに上場は果たしましたが、全くもってゴールではない。 - チャンネル• 当領域の課題というものは、時に命や人生に関わるような、重要かつ取り返しのつかないターニングポイントに大きく関与するため、当社は早く大きな価値を提供できる会社になることを目指しています。

Next

ラクスルはなぜ、上場後も加速度的な成長を続けられるのか。GAFA流「再投資モデル」の威力と、“経営者だらけ”の組織体

(ライター:大西洋平) ラクスルのIPOに向けた取り組み 2009年9月設立のラクスルは、2018年5月31日に東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を果たしました。 同社がGAFAに匹敵しうる理由は、一般的な日本企業とは一線を画した「利益確保よりも、再投資を重視する」経営手法にある。 ラクスルを「印刷の会社」と捉える見方は、1999年の上場時点のAmazonを「本の会社」と分析するのと同じくらい、射程が狭いといえるだろう。 そういった意味でも、起業家のみならず、出資側に立つ人たちにもぜひ一読していただければと思います。 加速度的な成長を継続するために、ユニットを統括するBizDev人材には強いリーダーシップが求められる。

Next

株主・投資家の皆さまへ

そのためにも、私たちはプラットフォームの価値を最大化させることにフォーカスし、以下を経営のプリンシプルにおきます。 2 -0. com」を「ラクスル」に名前変更・サイトリニューアル• ・成長性、収益性:前年比、前年同期比、ROE、ROAは「%」、総資産回転率は「回」• そのような海外投資家の基盤を持っているからこそ、利益を再投資に投下できるのだ。 とくに「ラクスル」では、印刷機の稼働率が4割程度であることに着目し、これを利用することで自社の印刷工場を持つ必要がなく、コストを削減できているとする。 会員登録をすると、印刷物の注文や、過去の印刷を確認でき、同じメニューで再度注文することも可能です。 また、売上総利益額最大化の結果として、中長期的な営業利益額も継続的に拡大していくものと考えております。 8 4. ネット印刷が最も普及しているドイツでは、すでに印刷市場全体の50%ほどを占有している。

Next

ラクスル

私達は、カスタマーファーストの視点に立った各種インターネットサービスの開発及び普及を積み重ねながら、各ステークホルダーの皆様とも連携して大きな価値作りに貢献したいと考えています。 ・キャッシュフロー:フリーCF、営業CF、投資CF、財務CF、現金等残高は「百万円」、現金比率は「%」• 顧客体験やバリューチェーンを大きく変更し、非連続的な成長を実現するための戦略を議論する際は、松本氏が自らディスカッションのパートナーを務めることも珍しくない。 印刷物の納期はいつごろになりますか? 商品は、ご注文時に選択していただいた「出荷予定日」をもとに印刷・出荷いたします。 8 4,869 3,007 -1,175 0. 02-04 5,452 -175 -184 -184 -6. 自己資本比率は「%」。 「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」というラクスルのビジョンやビジネスモデル、ターゲットとしている市場の大きさや競合関係などについて正確に理解してもらえるように、私たちは未上場の段階から投資家とのコミュニケーションを実施してきました なお、上場前の投資家訪問については、金融商品取引法等の各種法規制の観点から問題ないように、弁護士や主幹事証券会社に確認して実施しています。

Next

ラクスル

だから、私たちもいかに海外の機関投資家を取り込むかを念頭に置きながらIPOの準備を進めてきました。 インターネットを使った印刷通販業というのが当初の理念。 社長のはの「持たざる経営」を参考にしたと語っている。 ローンチ(上場承認)直後より実施したロードショー(会社説明会)にしても、通常の倍近い機関投資家ミーティングを実施しました。 売上と粗利を最大化するため、商品の企画やエンジニアのマネジメントから、顧客獲得のマーケティング、納品まで一気通貫でコミットしている。 LTD. そうならないように各ユニットの規模を小さく維持してるんです。 2009年(平成21年)9月 - にてラクスル株式会社を設立• ロードショーで多くの投資家と会い当社の魅力を伝えることで、良質なブックビルディングにつながっていくと思います。

Next

ラクスル【4384】の業績・財務推移[通期・半期・四半期]|株探(かぶたん)

与えられるのは成長率目標だけで、「何をやるべきか」は自分でオーナーシップを持って判断しなければいけない環境なんです。 海外の機関投資家は、かねてからAmazonやアリババへの投資を行ってきたが、足元の利益ではなく、将来生み出す利益額によって企業価値を算定する傾向が強い。 社内に10名ほどいるBizDevメンバーの平均年齢も20代ですし、実際に新卒3年目で数千億円規模のマーケットを一人で担当しているメンバーもいますしね。 8 0. 会社をどのように見てほしいのかを自分たちの側から明言することが大切だと痛感しています。 もう一点、上場後に証券会社のセルサイドアナリストにカバレッジ(調査対象)してもらうことが大きな意味を持っています。 それぞれのユニットにおけるシェア拡大と、ラインナップの追加。 ここがポイント 昨今、国内スタートアップによる資金調達の中でも、79億円と目を引く大型調達を果たしたラクスル。

Next

株主・投資家の皆さまへ

こうした複利成長が年々繰り返されていくと、ものすごい勢いで事業が伸びていきます。 新聞折込、ポスティング、DM…手がける領域は、毎年新たに増えていく。 ラクスルの場合、ブックビルディング(需要積み上げ方式と呼ばれる公開価格の決定方法。 08-10 5,353 -43 -57 -57 -2. そして、IRは投資家のエンゲージメントだと私は考えており、引き続き積極的にコミュニケーションを実施していきたいと思います。 そしてカスタマーが増え、価値提供範囲も拡大しています。 2016年8月にはバイサイドの大手外資系投資運用会社から出資を受け、2017年にはハコベルを展開するに当たってヤマトホールディングスと提携を結んでいます。 とはいえ、ただ現場に足を運ぶだけでは不十分で、そこで得たインサイトを活かして標準化や効率化を進めていく必要がある。

Next

ラクスル【4384】の業績・財務推移[通期・半期・四半期]|株探(かぶたん)

0 1. 2018年5月に東京証券取引所マザーズ市場に新規上場した同社の資本市場戦略について、永見CFOに寄稿いただきました。 日中は国内機関投資家、夜は海外機関投資家に説明するというパターンを1週間以上続けて、大変なプロセスでした。 ラクスルでは未上場の段階で、その前提ともなってくるPDRR(プレディールリサーチレポート)を主幹事証券3社のアナリストの方々に書いてもらいました(なお、PDRRの発行に際しては、金融商品取引法等の各種法規制の観点から問題ないように、弁護士及び主幹事証券会社がリサーチ・ガイドラインを整備した上で実施しています)。 2018年5月31日上場 本社所在地 〒141-0021 二丁目24番9号 アイケイビル1F : 設立 (平成21年) 事業内容 印刷事業・運送事業 代表者 資本金 19億5,845万3千円 (2019年7月31日現在) 発行済株式総数 2,780万5,200株 (2019年7月31日現在) 売上高 171億69百万円(2019年7月期) 営業利益 1億44百万円(2019年7月期) 経常利益 1億30百万円(2019年7月期) 純利益 70百万円(2019年7月期) 純資産 68億10百万円 (2019年7月31日現在) 総資産 92億46百万円 (2019年7月31日現在) 従業員数 262人(2019年7月31日現在) 決算期 7月31日 主要株主 松本恭攝 17. その理由については後述しますが、それまで当社に出資していたすべてのVCに(取引所規則上売却不可である株式を除き)全株を売却してもらったからです。 採用も、ユニットごとに進められる。 未上場時代から取材を重ねて当社のファンになってもらっていれば、上場後も引き続きカバーしてくれる可能性があります。

Next