インテル core i7 9700。 【Ryzen 7 3700X】ベンチマークと性能比較【Core i7

製品仕様 第 9 世代インテル® Core™ i7 プロセッサー

2、OpenGL 4. 13GHz 3. 対応メモリ - DDR4-2133、LPDDR3-1866、DDR3L-1600• 5世代以前のXeon:型番4桁の最初の1文字で判別可能• jp」の販売価格です。 6GHz 3. 5〜3. 73GHz 3. 0、HT、EIST、 PCI Express 3. 3インチノート、スリムタワー等 BTOパソコン特徴やショップを比較 5万円以下、5万円-10万円等 ドスパラ、パソコン工房等 Core i7-9700、 i7-8565U等 GTX1650, GTX1050Ti等 売れ筋BTOパソコンをチェック 当ページのベンチマーク計測のテスト環境 マザーボード ASRock Z370 メモリ 16GB DDR4-3200 SSD Crucial MX300 750 GB 電源ユニット Seasonic SS-860XP 冷却システム Noctua NH-U14S ソフトウェア Windows 10 64-bit. 25MB, 11MB, 16. 0GHz 2. 同時に、 PCの性能向上には欠かせない装置とも言えます。 リテールのクーラーでも多分問題無いくらいになっていると思われます(Intelのリテールクーラーは音がうるさいけど)。 わずかとはいえ、Core i9を抜いてしまっているのには驚きしかありません。 念のため触れておくと、ターボブーストとは別のものです。

Next

Core i7

注意 掲載されたスコアはPASS MARK社が開示しているデータであり、性能を約束するものではございません。 1GHz 4. 発売時期(発表日 or 発売日) - Bloomfield : 2008年11月16日• 9 152. 7GHz 3. 接頭辞に「S」がついている場合は、CPUにQPIリンクが3つ搭載されており、そうでない場合は2つしかない。 価格は予告なしに変更されることがあります。 6 180. 1、OpenGL 3. ここに記載された情報は「現状」のまま提供されるものであり、インテルは情報の正確性、または製品の機能、利用可能性、機能性、記載された製品の互換性についていかなる表明も保証もいたしません。 46GHz [133MHz x 26] 3. 0 対応• 2017年1月22日閲覧。

Next

AMD「Ryzen 7 3700X」とIntel「Core i7

4GHz 3. また、嬉しい事にCPUクーラーが付属してきており、9400Fの時もそうでしたが、この辺りは完全にRyzenモデルを意識しているような感じがします。 2012年5月5日閲覧。 発売日 - Coffee Lake-S : 2017年11月2日 、Coffee Lake Refresh-S : 2018年11月2日• 3GHz 3. 対応ソケット - Socket G2 or オンボード or オンボード• 対応ソケット - オンボード or オンボード• 4〜4. 8GHz 4. GPU - UHD Graphics 630 or 非搭載• 最近では2つ以上のモニターを使用して、ゲームを楽しむ、クリエイティブ作業をされる方も少なくありません。 3GHz 3. Intel. 命令セット拡張 - SSE4. 0 対応• 1GHz 4. GPU - HD Graphics 530• 9GHz 181. 50 GHz 2. 発売時期(発表日 or 発売日) - Lynnfield : 2009年9月8日• 様々なシーンで期待通りの安定感が出せるってこのクラスだと大切になると思うんですよね。 7 GHz 4. 0 182. 2 Metro Exodus 144. スコアは最大で「11584cb」。

Next

製品仕様 第 9 世代インテル® Core™ i7 プロセッサー

これは第八世代で売れ筋だったCore i7-8700の後継モデルであることからもわかります。 7 290. 8GHz 4. 対応ソケット - オンボード Coffee Lake-H, Coffee Lake-B, Coffee Lake Refresh-H:、Coffee Lake-U, Whiskey Lake-U:、Amber Lake-Y:• とは言え、そこは使ってみないとわからないのでテスト結果をご覧いただきたいと思います。 2〜4. Core i3(エントリー) 他に、廉価版のCeleronやエンタープライズ向けのXeonなどもあります。 0、 テクノロジー - Intel 64、XD bit、TBT 2. 6〜4. ゲーミング性能• はしばらく前まで4万円前後でかなり高かったのですが、ここにきてZen2の発売前という事で、かなりの値崩れを起こしています。 RAWの一括変換にかかった時間を比較 RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。 4 93. 2 GHz ターボクロック 4. なので、この価格帯でCPUを選ぶなら、ゲーム用途では 、クリエイティブ用途ではZen2のコスパがいい物がよさそうです。

Next

ハイエンド最強コスパ?Core i7

この結果をそのまま鵜呑みにするなら、Ryzen 7 3700Xは相当期待がもてるCPUだということがわかります。 6GHz 4. 7GHz 3. 現像に使ったソフトは無料ソフトの「RawTherapee5. 補足事項 - 2009年9月8日に公式発表、即日発売開始されたクアッドコアプロセッサ。 発売時期(発表日 or 発売日) - Broadwell-HQ : 2015年6月 Broadwell-U : 2015年1月• 0、 テクノロジー - Intel 64、XD bit、TBT 2. 0、 テクノロジー - Intel 64、XD bit、TBT 2. 2GHzダウン、ターボクロック0. ) また、パソコン内部でやり取りさせるものは全て数値化されたデータであり、何らかの計算を行う必要があるため、演算能力は重要な鍵となります。 3GHz 3. 9GHz 3. 0、HT、EIST、 PCI Express 3. 4 155. 1GHz HD630 350MHz 1. 発売時期(発表日 or 発売日) - Arrandale: 2010年1月• 4GHz 4. OC非対応モデルでコスパが高い i7-9700は、オーバークロック(CPU性能を極限まで引き上げること)には対応していません。 1GHz 3. GPU - HD Graphics Gen 5• 命令セット拡張 - SSE4. 出典 [ ]• 1、OpenGL 3. 7 155. 3GHz 3. 6GHz) 6コア12スレッド 65W 旧世代の「Core i7-8700K」と比較して「Core i7-9700K」は、コア数が多くスレッド数は減少しています。 そしてXeonのブランドによって、対応しているソケット数が違うのも特徴。 0GHz 3. 対応ソケット - or• 普通に使っていたら不満なんてまず出ないレベルだと思います。

Next

ハイエンド最強コスパ?Core i7

ただ、これは個人的には大きなデメリットとは言えないと思っています。 「Ryzen 7」や「Core i5」(8世代)に代表される6~8コアで一般ユーザー向けには十分過ぎる性能が得られている現状…、一般ユーザーにとって20コア以上の処理性能が必要になることはまず無いだろう。 プロセスルール45nmかつパッケージLGA1156で製造された。 8〜4. 同の下位製品には、 主にクアッドコア、一部はヘキサコアあるいはデュアルコア 、(主にデュアルコア、一部はクアッドコア)、(デュアルコア)、(主にデュアルコア、一部はシングルコア) が、サーバー向けには がある。 4GHz 3. GPU - Iris Pro 5200 or HD Graphics 4600 or 非搭載• コードネーム Bull Mountain• CPUには世代があり最新世代の方が速く、また規格が変わることもあります。

Next