白井 長尾 家 当主 長尾 輝 景 は 本能寺 の 変 後 次 の うち どの 大名 に 属し たか。 徳川家康

『信長の野望革新』武将総覧

1558年、真田幸隆が上野国に侵攻すると、真田幸隆に内応した。 ただし、本願寺側ではが大坂に踏みとどまり戦闘を継続しようとしている。 豊臣秀吉が備中高松城を攻撃した際は、海陸の案内役を担当し、のちに備前児島郡で加増を受けた。 従来、元亀年間の信長と反信長勢力の争い(いわゆる)においては、将軍足利義昭こそが反信長勢力の盟主だと考えられてきた。 ~15?? 120-121. 河内交野城主。 祖父・義続と父が追放されたあと、幼年で重臣たちに擁立される。 また、近年の研究 では、天文16年9月に岡崎城が織田氏によって攻略されたとする文書(「本成寺文書」『古証文』)の存在が指摘され、松平広忠が織田氏への降伏の証として竹千代を人質に差し出した可能性も浮上している。

Next

織田信長

通説に対し、歴史学者のは、信長および勝家双方の発給文書群の考察から、国掟が置かれて以降、勝家が越前支配のほぼ全権を得ていたと論じた。 豊臣秀吉の小田原征伐に参陣し、所領を安堵された。 なおも各地の一向一揆の抗戦は続くとは言え、大坂本願寺の敗退により、組織的抵抗は下火となっていく。 山田郡矢田掘館主。 なお、によると、信長が御所を進上した当初の相手は誠仁親王ではなく、信長の猶子の邦慶親王の方だったようである。

Next

戦国武将録: 戦国上野国人名辞典

主家の滅亡後は、三好家や足利将軍家などを経て明智光秀に仕え、山崎合戦に従軍した。 天正20年 9月16日 51歳 豊臣秀吉の執奏によりの家格勅許。 織田軍は滝川一益らの活躍で半月ほどの間に長島周辺の敵城を次々と落としたが、長島攻略のため、にへの出船を命じたが従わず、10月25日に矢田城に滝川一益を入れて撤退する。 ~1633)】 赤井照康家臣。 時代に元500石取りの幕臣・がの遺訓と言われる『人のいましめ』を元に、家康63歳の自筆文書に似せて偽造したものである。

Next

『信長の野望革新』武将総覧

筑前好士岳城督を務め、筑前経略に従事。 参考文献:『関東幕注文』。 『家康、封印された過去』PHP研究所、1998年。 小虎八郎三郎【ことらはちろうさぶろう(15?? 1564年、「第二次国府台の戦い」で重傷を負い死去した。 4月、信長を・・征夷大将軍のいずれかに任ずるという構想が、村井貞勝と・とのあいだで話し合われた ()。 同時に豊臣秀頼に新将軍・秀忠と対面するよう要請したが、秀頼はこれを拒絶。 抵抗は激しかったが、8月に兵糧不足に陥り、から逃げ出した一揆勢1,000人余が討ち取られるなど、一揆方は劣勢となる。

Next

織田信長

D C B C C D C C B 1524年 1606年 0 0 100 0 0 - 1539年 PK あかまつ のりひで 39 32 31 44 13 29 高家 仏教 豊臣家臣。 そして、信長が家臣の扱いに気を配ったことは、信長が信盛追放の理由の一つとして信盛家中に対する過大な負担を挙げていることからも裏付けられるという。 信長は3月13日、岩村城から弥羽根に進み、3月14日に勝頼らの首級を実検する。 これは、信長の「不意討ち」 と表現される事があるが、これは一向宗側が先に騙し討ちを行った事への報復であるという説がある。 D D C D D D D D C 1583年 1620年 0 0 0 0 0 - 1598年 通常 ひらた きよのり 41 32 46 46 36 64 武士 仏教 蘆名家臣。 とはいえ、信長が皇室を尊崇していたための行動というわけではなく、天皇の権威を利用しようとしたものだと考えられている。 大類館主。

Next

織田信長

「永禄十二年付上京宛て精銭追加条々」『増訂 織田信長文書の研究』所収。 また『』の教授を受けたり、からやを学ぶなど、その興味は幅広かった。 烏山高繁【からすやまたかしげ(15?? 肖像 信長死後に宣教師によって描かれたとされる肖像画を写真撮影したもの。 また桶狭間の戦いの直後から、元康は今川・織田両氏に対して軍事行動を行う両面作戦を行ったとする説もある。 荒山義友【あらやまよしとも(15?? 「桶狭間」(『異域の人』収録)、講談社、1954年。 遠藤は同書において、信長の死後に宣教師が描いた絵を、明治になってから複写したもので、、とともに分け持ったものであると解説している。

Next

戦国武将録: 戦国上野国人名辞典

同年9月、敵対する比叡山延暦寺を焼き討ちにした( )。 当時は中世文化が非常に盛んだった駿府で育ちながら、京文化への関心は元々少なかったようである。 このように、信長が自身を天皇・内裏であると述べたことについて、信長が天皇を超越しようとした証拠であるとして重視する者もいる。 諸城を捨てて一乗谷に逃げ込んだ朝倉軍はでも敗れ、一乗谷城をも捨てて六坊に逃げたが、の僧兵と一族のに裏切られ、朝倉義景は自刃した。 ところが、7月13日、毛利輝元が石山本願寺の要請を受けて派遣したなど700~800隻程度が、本願寺の援軍として河口に現れた。

Next

徳川家康

本郷砦主。 ~1546】 横瀬成繁家臣。 1569年、沼田顕泰、沼田景義が会津に落延びると長尾景虎に属した。 ~15?? 代わりにと同じくの流れをくむを継承した五男・武田信吉を水戸に入れた。 1562年、長尾景虎が山内上杉憲政を擁して関東に侵攻すると、和田業繁に従って参陣した。

Next