キュンメル男爵。 銀河英雄伝説 ON THE WEB

ハインリッヒ・フォン・キュンメルとは (ハインリッヒフォンキュンメルとは) [単語記事]

グリルパルツァーほどあからさまではないが栄達を望んでおり、彼と同じくベルゲングリューンの軍事査閲監就任には公然と不満の態度を示し 、ロイエンタール叛逆事件では最終的に裏切りの計画に乗る。 前王朝において革新派・開明派と呼ばれたグループの指導者の1人。 帝国軍は留守番役のロイエンタールを残して翌日には帝国本土に凱旋する事になっている。 その上、同盟駐在高等弁務官レンネンカンプは、ヤンを危険人物と見做し、監視を強化していた。 その後、リップシュタット戦役において中立を第一希望としつつ、おそらく叶わないため帝国貴族の責務として貴族連合に加わるつもりであったがヒルダに説得され、彼女に全権を委ねることにする。 唯一の直系男子として甘やかされて育てられたために非常に我儘で年齢を考慮しても自制心がまったくない。

Next

銀河英雄伝説 ON THE WEB

その直後にブラスターで射殺されるも、上記のゼッフル粒子に引火することによって、侯爵もろとも爆死した。 甥のシャイド男爵が民衆の蜂起で殺されたことを知るとヴェスターラントの虐殺を実行、民衆の支持を完全に失い連合軍の敗北を決定的なものとする。 尋問の中で、ヤンは自らの逮捕に法的根拠がないことを知る。 のちの第8次イゼルローン攻防戦にも名前が登場しており、ケンプから危機に陥ったミュラー艦隊を救うよう命令されている。 15年に渡って財務尚書を努め、その間に不正蓄財を行い、疑獄事件にも関わる。

Next

銀河英雄伝説【旧OVA版】第30話「失われたもの」の感想 「フラグ乱立し過ぎです」

しかし彼の命はもう長くはないだろう……。 全員が不承知といった表情だ。 ラインハルトは、遂にハイネセンの地に降り立つ。 ハイネセンに潜入したボリス・コーネフが、地球教の怪しげな動きを報告する中、「イゼルローン共和政府」が樹立された。 今閣下を失えば帝国は……』 「そうは言っても、あの二人を見殺しには出来ません」 『閣下!』 そう騒ぐな、アンスバッハ。 ガイエスブルク要塞はヤンがいないイゼルローンに向かうのか? その際に自らの血で汚さないようテーブルクロスを引くなどの事後の配慮を行っており、ユリアンから敬服される。 16 を追加しました。

Next

キュンメル男爵

在野からはヤン夫妻にシェーンコップにユリアン等も参列している。 第10次イゼルローン攻防戦において、ヤン側の罠で要塞から誘い出されたルッツに代わり、要塞防衛の最高司令官となる。 道原版では野心家という側面も描写されており、リップシュタット戦役では軍事の最高指揮官となったメルカッツにライバル心を抱いていた様子が描写される。 時期は不明だがそうした争いは地球教によって統一されて終止符が打たれ、現在では1000万ほどの住民が荒れ果てた母なる惑星の上で細々と信仰生活を送っているのみである。 その役職上、作中の主要な会議にも名前が登場し、シュタインメッツやケンプらよりも登場が多い。 ウド・デイター・フンメル Udo Dater Fummel バーラトの和約後の同盟駐在高等弁務官首席補佐官。 ファーレンハイトの戦死後、同艦隊はビッテンフェルト艦隊に吸収されていたが、第2次ランテマリオ会戦に登場し、故ファーレンハイトの勇名を辱めるなと激励して旧来の黒色槍騎兵たちと功を競い合う。

Next

銀河英雄伝説 本伝・第3期

その役職上、作中の主要な会議にも名前が登場し、シュタインメッツやケンプらよりも登場が多い。 その後、独断専行で動いたフェルナーの計画が失敗して急遽、門閥貴族らが帝都を脱出していく中で取り残され、ラインハルト勢に拘束される。 ガイエスブルク要塞の通常航行を成功させたケンプは、自宅で家族団らん。 もっとも、その戦い振りは白兵戦で直接流した血の量によって出世したと言われる程に常人離れした残虐なものであり、ラインハルトは「石器時代の勇者」と蔑みをこめて評し、ロイエンタールとミッターマイヤーも「人を殴り殺す為だけに生まれてきたような男」「野蛮人」などと評している。 ロイエンタールの従卒。 その所為だろうか、レオナルド・ダ・ビンチ、曹操、ラザール・カルノー、トゥグリル・ベグ……、ハインリッヒには強い英雄崇拝の傾向がある。

Next

キュンメル男爵

当初はケンプ艦隊所属であったが 、元帥府の窓口勤務を経てラインハルトの次席幕僚となる。 2018. そして、採用されたデザイナーが名刺を片手に営業を掛けている。 カストロプ動乱の首謀者。 フリードリヒ4世治下の軍務尚書。 さらに凶報がヤンを愕然とさせる。 他の同僚提督の中では、ラインハルトの幕僚や軍政面で登場することが多く、艦隊司令を務める場合の直接描写が少ない(例えば回廊の戦いでは早期に軍を引かされてしまい戦闘自体がなく、終盤は幕僚総監としてラインハルトの近くにいた)。 政治にも軍事にもまったく興味がなくリップシュタット盟約にも参加せず、象牙細工の収集だけが趣味で、それ高じて多額の借金を抱え、商人から民事訴訟を起こされている。

Next

アイアースAias銀河英雄伝説フリートファイル・バトルシップコレクション

加えて同じく幕僚であったメルカッツと異なり、戦後もラインハルトの才能を評価しなかった。 一方でそれは同盟政府が自らの法を遵守する余裕がなくなったことを示していた。 また、ラインハルト・ヒルダ夫妻からも婚姻生活の先達者として信頼を受けており、彼らの話し相手となる。 ラインハルトの死にも他の主要提督たちと共に立ち会う。 中将(のち大将)。 ゾンバルト Sombardt 声 - 旧 少将。 地球教とフェザーンの強い結びつきに驚きを隠せない一同。

Next

アイアースAias銀河英雄伝説フリートファイル・バトルシップコレクション

物心ついたロイエンタールに「お前など生まれてこなければよかった」と罵倒し続け、彼の人格形成に大きな影響を与えた。 外伝において登場が増えており、ベーネミュンデ侯爵夫人に手を焼くリヒテンラーデに彼女を結婚させるなど穏当な策を具申したり、彼の手足となってグレーザーから聞き取りを行う。 司法尚書。 しかし、ラインハルトの策に結果として救われることとなり、不本意ながらラインハルトの正しさや力量を正しく評価する。 この二人、「キルヒアイスが生きていたら」という仮定の話を再びしていますけど、その中で語られたロイエンタールのセリフがこちら。 一方、ロイエンタールは新領土総督として赴任すべくハイネセンへと向かう。 中将(のち大将)。

Next