19 セルテート 5000。 ダイワ 19セルテート LT5000Dのインプレはそれは高剛性という信頼、耐久性

総合力の高さに注目!!【ダイワ・19セルテートLT】に待望の5000番が登場

そもそも"巻き"って何?って管理人は思うのです笑。 5-200 1. 管理人は19セルテート 4000C-XHを購入したので、巻き取り量が99センチもあります。 しかし、ダイワのリール、今まで食わず嫌いでごめんなさい笑 これからは他の番手もダイワのリールを使ってみます!! と、言いつつシマノのあの話題リールも欲しい今日この頃です。 ) 追加される番手は 「LT5000D-CXH」「LT5000D」「LT5000D-XH」の3種類。 6号 200M 0. ツインパワーXDは今まで酷使しまくって、大きな魚もそれなりに釣りましたが、何の問題もなく使えています。 釣果に直接関係するかはわかりませんが、19セルテートの 滑らかな巻き心地は最高です! また、魚をかけた後の巻き上げの強さも19セルテートの方が強い感じがします。 何といっても セルテートの特徴は、圧倒的な頑強さにあります。

Next

20ツインパワーインプレ。19セルテートと17ツインパワーXDとの比較。

大型リールのソルティガやキャタリナは、ギアがハイパーデジギアと言うとにかく頑丈なギアが採用されています。 また、自重が軽いのでルアーを 軽々と操れます。 これだけ軽くなるとフラッグシップモデルのイグジストまでの距離がより近く感じ、セルテートで十分過ぎるのかな?とも思えました。 フィールドで活躍する日が今から楽しみですね。 一方でライバル機種はと言うと、ツインパワーXDは金属ローター以外は全て搭載。

Next

【19セルテートLT5000 】タフなダイワの人気スピニングリールに待望の5000サイズが登場

2019年に発売になったこのモデルですが、管理人は発売以来、ネットでインプレを見まくってずーっと欲しいなぁ、欲しいなぁとモジモジしていましたが、遂に、遂に、購入してしまいた!!!! という事で、今回は DAIWA 19セルテート LT4000CXH のファーストインプレションです。 では、この技術特性の比較はいかに!? 19セルテート、17ツインパワーではヒラメや、60アップの真鯛や、90センチオーバーの撞木ザメ、5. 個人的にはミッドナイトモンスターは軽いロッドなので、19セルテートの軽さのおかげで今までのリールよりもよりバランスが良くなったと思います。 ショア&オフショアの青物ゲームなどで活躍する番手ですが、自重は16セルテートHDシリーズと比較しても100㌘以上の軽量化に成功。 しかし、使ってみて 金属感と言うか、もしかしたら感度が上がってる?とも少し思いました。 まぁ、なんとなくですが、ローターを金属にして剛性アップと言いつつ、ボディは半分樹脂となるとそんな意見も出そうな気もします。 といってもその後サワラをバラしてしまったのですが、ジグを確認したらフックが細すぎて折れてました…つまり、 フッキングはしっかりとされてドラグもちゃんと効いたってことだと思います。 カニエサ用に改良したものが、カニ専門と呼ばれる鈎です。

Next

【編集部コラム】19セルテートの“アノ番手”が超絶万能だった件|TSURI HACK[釣りハック]

ですので4000XGか4000MHGあたりで良いのでは。 LTコンセプトというだけのことはあります。 でもそんな事言われたら気になりますよね 笑。 0-200 0. しかし、そんなアングラーでもブリやサワラなどの青物が回るような時は4000番代を使っているとのことなので、大きな魚も視野に入れるなら4000番以上が無難な気がしています。 ボディ自体がフレームとして、ねじれ、たわみに強く、省スペースを実現し軽量化にも成功。 (スプール径の比較については、を参照して下さい。 私はGクラフトのミッドナイトモンスターとモンスターサーフ1092で使用。

Next

やっぱり出るきに!セルテートLT5000D

で、最終的に今回思った事なのですが、私の場合は とにかく流れを感知できるリールが好き、という事でした。 まぁ、そもそもで言うと。 一方で素材っていうのは使う分量で強度が変わるので要はバランスなんだと思うし、第一設計次第…これも言えると思います。 じっくり時合いを待て手っ取り早くに釣れないから面白いさて釣りを開始出来たものの手っ取り早くには釣れないはずです。 今回追加されたのはコンパクトボディのLT5000D-CXHとスタンダードボディのLT5000D、LT5000D-XHです。 現状ではそれらの魚を釣ってもそこまで問題は無かったと考えています。

Next

ダイワ 19セルテート LT5000Dのインプレはそれは高剛性という信頼、耐久性

まだ19セルテートを使い始めたばかりですが、それにしてもとにかく 全ての性能に驚きです。 どうやらこれによって、 たわみや歪みを抑制してフッキング、ドラグ性能が向上し、適度な慣性を備えているそうです。 このモノコックボディについては多くの解説が出ているので割愛します笑。 下げ潮北風の当る外側が主で内側は滅多に釣れません。 そして パーフェクトラインストッパー!!!!!!!!!!! 一般的にハイギアのリールは巻きが重くなるらいしいのですが、このセルテートに関しては 全然巻きの重さを感じさせません。 これも驚きで かなり強いトルクと タフな剛性を感じました。

Next

20ツインパワーインプレ。19セルテートと17ツインパワーXDとの比較。

このリールを手に取り、ハンドルを巻けばその軽快な操作性を実感することができるでしょう。 ギア比が6. ツインパワーXDと比べても軽いです。 ラインの放出時にスプールとの接点を減らしことによる効果。 呉々も気を留めてね。 5-300 自重(g) 250 295 295 ギヤー比 6. いずれ釣り専用のカメラも欲しいものです 汗 19セルテートLT5000D-XH 外観 撮影:カンの長潮でも釣行記 撮影:カンの長潮でも釣行記 撮影:カンの長潮でも釣行記 安心のメイドインジャパン。

Next