ご高配 意味。 「ご高配」の読み方、意味、使い方!「ご配慮」とは?類語や英語表現も紹介

ご高配の意味と読み方とは

一方「ご深慮」は、深い考えや深く考えをめぐらせることを表現する意味がある言葉です。 お客様には大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 「ご高配を賜りたくお願いいたします」という例文のように、ハイクラスの上司にお願いする意味で使うのは不適切な場合もあります。 これらの例文からも分かる通り、主に目上の立場の人、会社に対して使われます。 つまり、ご高配という言葉を使う際には、実際に何かの配慮をしてもらったと言うことが出来ます。 普通に見積もりをお願いしたり、資料の取り寄せを依頼したり、サンプルを依頼したりするときには必要のないフレーズです。 敬語としてみると「賜る(たまわる)」と「頂く(いただく)」はどちらも「もらう」の謙譲語。

Next

「特段」の意味と使い方とは?ビジネス例文と類語との違いも解説

結局は「今後もよろしくね」と言っているのとおなじニュアンスであり、何も問題はありませんけど… 【参考】 【シーン別】違いと使い分け 「ご高配」のビジネスシーン(メール・手紙・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文をみてきましたが… こんなときにはどれを使う? というビジネスシーンごとの使い分けを整理しておきます。 ・ご高配にあずかり、ありがとうございます。 ビジネスシーンにおいては、取引先に向けたメールや挨拶状の中で用います。 単なる社交辞令として用いられることも多いですが、「ご高配」という言葉があるのとないのとでは、相手に与える印象は変わります。 ご厚情の「厚」という字を使った別の単語としては、他人が自分に示してくれた思いやりのある心を意味する「厚意」、心情がきわめて深く厚いことを意味する「深厚」、成分などが濃くてこってりとした様子を意味する「濃厚」などがあります。

Next

「ご高配」の意味とは?読み方や類語「ご配慮」との違いも

「ご高配」の間違った使い方 意味をきちんと理解していないと、ついつい間違った言葉の使い方をしてしまうものです。 日頃より格別のご配慮と手厚いご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。 私共も家族一同元気に過ごしております。 「配」は「配慮」「心配り」というような使い方をされるので、非常に平坦な言い方をすれば「私を身分の高い人のように、気持ちを配っていただく」といったように表現すれば、イメージがつきやすいかもしれません。 (サービス案内のリンクなど) ご多忙とは存じますので、まずはメールにてご案内とさせていただきます。

Next

高配

特定の場面でしか使わないフレーズですので、使い方についても見ておきましょう。 褒められている、贔屓にされていることに対する感謝だと考えると分かりやすいでしょう。 例えば「日頃からご高配を頂き、ありがとうございます」などのように使用されるもので、相手がこちらに対して、気遣いをしてくれたり、心配りとして具体的に何かの行動をしてくれたりした場合にこの言葉を使用します。 。 例文「今後ともご厚情を賜りますようお願い申し上げます」• 例えば「ご厚情を賜り、大変有難く思います」などのように使用されます。

Next

「ご高配」の意味と使い方・例文・類語・読み方|格別の/いただき

具体的に何か行動を起こしたわけではないという場合にも使える言葉であることも併せて覚えておくようにしましょう。 「ご厚情」と丁寧語で使用する場合には、相手からの思いやりに感謝をする意味の言葉となります。 「ご高配」を使った例文(シーン別) 「ご高配」は様々なシーンで利用されます。 ご配意 「ご配意」もまた、丁寧かつ気遣いなどを表現する意味を持つ言葉の1つとされています。 「ご無礼」という言葉の原型である「無礼」の意味については、「goo辞書」にて、以下の引用のように説明されています。 目上の人というのは、もしも自分が学生であれば先生にあたりますし、また社会人であれば自分よりも立場が上の人、すなわち上司を指します。 つまり、「平素より格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます」とは「普段から特別なごひいきをいただきありがとうございます」といった意味合いになります。

Next

「ひとかたならぬ」の意味と使い方・漢字・類語|年賀状

いつものメールや、FAXの「お世話になっております」の後に差し込むだけで、格段にオフィシャル感がアップすること間違いなしです。 新年おめでとうございます よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。 文中が「下さる」形の連発でくどくなるような場合は、名詞のまま「ご高配のほど…」や、立場を替えた「(私どもに)賜りますよう…」と遣うことで落ち着きます。 ご厚情• 相手を心配する気持ちや、身の上を案ずる気持ちなどを持つことを表現するものです。 ご高配とご厚情の違い ご高配とご厚情の違いを分かりやすく言うと、 ご高配は心配りをしてもらったり、具体的に何かをしてもらった事を意味していて、ご厚情は思いやりの気持ちなどを向けてもらったり、情けをかけてもらったりすることを意味している違いです。 「ご高配」の意味 早速、「ご高配」という言葉が持つ、基本的な意味について確認していきましょう。

Next

ご高配の意味と読み方とは

【NG使用例】 ・部長のご高配をありがたく思っております。 「このような賞をいただけたのも、私のたゆまぬ努力があったからこそだと思っています。 旧年中は並々ならぬご厚情を賜り心より御礼申し上げます。 「ご深慮」の意味 「ご高配」の意味については、上記で確認したとおりとなっています。 ビジネスメールを送るとき 日常的に送る手紙やメール、LINEでわざわざ「ご高配」という言葉を使うことはあまりありません。

Next

「ご高配」とはどういう意味?正しい使い方や用例、使うシチュエーションを解説します

お心遣い 気配り、心配り まとめ 例え単なる案内文や挨拶文であっても、「ご高配に感謝します」という意味の一文を加えるだけで丁寧でつつましやかな印象を相手に与えることができます。 皆様お揃いで、よき新春を迎えられたことと存じます。 倍旧のご高配を賜りますよう何卒お願い申し上げます。 「いただければ」は、「~してもらう」の謙譲語の「~いただく」です。 「拝察」は謙譲語なので、自分の動作に対して使用する言葉です。

Next