群青 歌詞。 群青 歌詞「合唱」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

群青 歌詞 tacica ※ theamericanservicemenandwomen.com

MERRY 群青 作詞:ガラ 作曲:MERRY 全てが眩しかった 全てを信じていた 何も怖くなかった あの日から時が過ぎ… 今は… flash back 繰り返す日々の中で いつからか諦め知る 一人で戦っていた 昔の自分自身と… そう誰もがみんな輝いてた 張り裂けそうな想い 胸に抱いてた 何度踏まれたって また這い上がってゆく この道の先に幸あれ 更多更詳盡歌詞 在 愛しき日々 優しく照らし続けてくれた 太陽 この胸で 強く輝いている 「じゃあ、しょうがないね」が口癖になっていた いつも言い訳ばかり考えていた 何一つ変われない 自分が嫌になる どうかこんな俺に今、幸あれ 愛しき日々 小さくても大切な夢だったろ? 試聽 在 KKBOX 中開啟 群青 作詞:森山直太朗・御徒町凧 作曲:森山直太朗・御徒町凧 澄み渡る空を見てると 自分が小さくなったみたいで それは全然悪いことでは ないと思うよたぶん絶対 しばらく前からあそこの壁に ビニールの傘がかかっていて それが一体なんなのかって 言葉にしないで考えている あのね あのさ 僕はどうして あのね あのさ 僕は僕なんだろう Hey Siri 僕の悩みを聞いてくれよ Hey Siri 誰にも言えないことなんだ Hey Siri 生まれて生きて死ぬだなんて Hey Siri ところで君はどんな気分だ 嫌いな奴がクラスにいてさ おそらくあいつも俺を嫌いで 世界地図からはみ出しそうな 金魚の浮かぶ気だるい午後さ あのね あのさ 手のひらの汗 あのね あのさ 遠く校庭の声 Hey Siri 明日の天気はいかがです Hey Siri どっちのシャツが似合ってる Hey Siri 元気になれる食べ物なあに Hey Siri この空の色教えてくれよ Hey Siri 僕の悩みを聞いてくれよ Hey Siri 誰にも言えないことなんだ Hey Siri 生まれて生きて死ぬだなんて Hey Siri ところで君はどんな気分だ あのね あのさ あのね あのさ あのね あのさ. 人ゴミ ひとり遊ぶ タマシイ型 押し当て跡をつける 身体の外側 剥がし どこか遠くへ行けるでしょう 憎しみ 愛しさ 違いはない この胸がつぶれて溢れたものだから 流れていくのよきれいなふりをして 流れていくのか 私は 群青に 染まる空がある たったひとり歩くよ 君なしで 行き場がないから 行ける気がした 身体さえもういらなくなる 離さないで 深い色の中 力任せ つかんで 離さないで 歩道橋の上 地上を離れ 君がいない空 閉ざしたい 誰もが 眠りさまよう 雨上がり その向こう側 囁くように甘く 痛みが腕を引いてくれる 良くも 悪くもない夢から はぐれて現れた お前は私のかけら 溺れているのよ見えないふりをして 溺れていくのか 私は 群青に 悲しむことはないよ ただこの手につかめるすべては 消えてしまうだけ 空気をつかんで 痛みさえもう感じなくなる そう気づいた こころは千切れる やわらかにもつれて千切れる どこへも行かないよ どこかにいるよ 君の熱だけ 感じたい 群青に 染まり ひとつになる もっと早くこの世を蝕んで 見えなくなればいい 夜になれば 鼓動さえ もう愛しくなる 離さないで 深い色の中 力任せ つかんで 離さないで どこへも行けないよ もう歩けないよ 君がいない空 明けていく. さらにあのような大きな被害があるなんて夢にも思わず。 満島ひかり 群青 作詞:Yoshie Nakano 作曲:Masaki Mori・Yoshie Nakano 嵐のせい さわがしい夢 どうしてるの? こわいな 裸足のせい 傷ついた貝 まるで私 みたいだ 夜をはめた 入り江に浮かぶ 三日月のナイフ こころをさす 色になり 風と笑い 花となり 光からみ あなたに会える 一歩前 鳴いたトゥコホーン 震えるの 震えるままに 透明な生と死 海へ帰る 一歩前 更多更詳盡歌詞 在 たゆたう愛 群青のストーリー 灼熱のせい 干からびたサンゴ 何を見たの? ゆれてる 情熱がはねた 水面の鏡 閃光の波 この身を焼く 色になり 風と笑い 花となり 光からみ あなたに会える 一歩前 鳴いたトゥコホーン 散りゆくの 散りゆくままに 透明な生と死 海へ帰る 一歩前 たゆたう愛 群青のストーリー. 突然の大きな揺れ。 子どもたちの思いを綴った日記や作文、他愛もないおしゃべりから、小田先生は子どもたちの想いを書き留めていき、それをつなぎあわせて、「群青」ができあがったそうです。 ゆれてる yureteru 情熱 jounetsu がはねた gahaneta 水面 suimen の no 鏡 kagami 閃光 senkou の no 波 nami この kono 身 mi を wo 焼 ya く ku 色 iro になり ninari 風 kaze と to 笑 wara い i 花 hana となり tonari 光 hikari からみ karami あなたに anatani 会 a える eru 一歩前 ippomae 鳴 na いた ita トゥコホ twukohoー ン n 散 chi りゆくの riyukuno 散 chi りゆくままに riyukumamani 透明 toumei な na 生 sei と to 死 shi 海 umi へ he 帰 kae る ru 一歩前 ippomae たゆたう tayutau 愛 ai 群青 gunjou の no スト sutoー リ riー. 」「東北は夢から復興していく。 心配しすぎずに、あなたも自分の夢にむかってがんばりなさい」と声をかけてくれました。 素敵な合唱曲を、探している人• これからこの歌を、歌う人 福島県で生まれた感動の合唱曲「群青」をご紹介します! まずは聴いてみましょう~ 群青(歌詞) ああ あの街で生まれて君と出会い たくさんの想い抱いて 一緒に時を過ごしたね 今旅立つ日 見える景色は違っても 遠い場所で 君も同じ空 きっと見上げてるはず 「またね」と手を振るけど 明日も会えるのかな 遠ざかる 君の笑顔今でも忘れない あの日見た夕日 あの日見た花火 いつでも君がいたね 当たり前が幸せと知った 自転車をこいで 君と行った海 鮮やかな記憶が 目を閉じれば 群青に染まる あれから二年の日が 僕らの中を過ぎて 三月の風に吹かれ 君を今でも想う 響けこの歌声 響け遠くまでも あの空の彼方へも 大切な全てに届け 涙のあとにも 見上げた夜空に 希望が光ってるよ 僕らを待つ群青の街で ああー きっとまた会おう あの街で会おう 僕らの約束は 消えはしない 群青の絆 また 会おう 群青の街で 作詞 福島県南相馬市立小高中学校 平成24年度卒業生 作曲 小田美樹 福島県南相馬市立小高中学校 教諭 (許諾番号9020135001Y38029) この曲について この曲が生まれたのは、福島第一原子力発電所から半径20km圏内に位置する福島県南相馬市。

Next

群青 歌詞『神山羊』

合唱曲の秘密を、知りたい人• 震災後、全国に避難していった友だちが原発事故で小高に戻れないなど、たくさんの不安が生徒たちにのしかかり、わずか6、7名の2年生も、心を痛め、音楽の授業では歌が歌えなくなっていたそうです。 2ヶ月経ち、初めて足を運んだ東北 「歌で元気を出させてほしい」と声をかけてくれたのは、山形県酒田市の薬局さん。 空 そらを 染 そめてゆく この 雪 ゆきが 静 しずかに 海 うみに 積 つもりて 波 なみを 凍 こおらせる 空 そらを 染 そめてゆく この 雪 ゆきが 静 しずかに 海 うみを 眠 ねむらせ 貴方 あなたを 眠 ねむらせる 手折 たおれば 散 ちる 薄紫 うすむらさきの 野辺 のべに 咲 さきたる 一輪 いちりんの 花 はなに 似 にて 儚 はかなきは 人 ひとの 命 いのちか せめて 海 うみに 散 ちれ 想 おもいが 届 とどかば せめて 海 うみに 咲 さけ 心 こころの 冬薔薇 ふゆそうび 老 おいた 足 あしどりで 想 おもいを 巡 めぐらせ 海 うみに 向 むかいて 一人立 ひとりたたずめば 我 われより 先 さきに 逝 いく 不幸 ふこうは 許 ゆるせど 残 のこりて 哀 かなしみを 抱 だく 身 みのつらさよ 君 きみを 背 せおい 歩 あるいた 日 ひの ぬくもり 背中 せなかに 消 きえかけて 泣 なけと 如 ごとく 群青 ぐんじょうの 海 うみに 降 ふる 雪 ゆき 砂 すなに 腹這 はらばいて 海 うみの 声 こえを 聞 きく 待 まっていておくれ もうすぐ 還 かえるよ 空 そらを 染 そめてゆく この 雪 ゆきが 静 しずかに 海 うみに 積 つもりて 波 なみを 凍 こおらせる 空 そらを 染 そめてゆく この 雪 ゆきが 静 しずかに 海 うみを 眠 ねむらせて 貴方 あなたを 眠 ねむらせる 空 sora を wo 染 so めてゆく meteyuku この kono 雪 yuki が ga 静 shizu かに kani 海 umi に ni 積 tsumo りて rite 波 nami を wo 凍 koo らせる raseru 空 sora を wo 染 so めてゆく meteyuku この kono 雪 yuki が ga 静 shizu かに kani 海 umi を wo 眠 nemu らせ rase 貴方 anata を wo 眠 nemu らせる raseru 手折 tao れば reba 散 chi る ru 薄紫 usumurasaki の no 野辺 nobe に ni 咲 sa きたる kitaru 一輪 ichirin の no 花 hana に ni 似 ni て te 儚 hakana きは kiha 人 hito の no 命 inochi か ka せめて semete 海 umi に ni 散 chi れ re 想 omo いが iga 届 todo かば kaba せめて semete 海 umi に ni 咲 sa け ke 心 kokoro の no 冬薔薇 fuyusoubi 老 o いた ita 足 ashi どりで doride 想 omo いを iwo 巡 megu らせ rase 海 umi に ni 向 muka いて ite 一人立 hitorita たずめば tazumeba 我 ware より yori 先 saki に ni 逝 i く ku 不幸 fukou は ha 許 yuru せど sedo 残 noko りて rite 哀 kana しみを shimiwo 抱 da く ku 身 mi のつらさよ notsurasayo 君 kimi を wo 背 se おい oi 歩 aru いた ita 日 hi の no ぬくもり nukumori 背中 senaka に ni 消 ki えかけて ekakete 泣 na けと keto 如 goto く ku 群青 gunjou の no 海 umi に ni 降 fu る ru 雪 yuki 砂 suna に ni 腹這 haraba いて ite 海 umi の no 声 koe を wo 聞 ki く ku 待 ma っていておくれ tteiteokure もうすぐ mousugu 還 kae るよ ruyo 空 sora を wo 染 so めてゆく meteyuku この kono 雪 yuki が ga 静 shizu かに kani 海 umi に ni 積 tsumo りて rite 波 nami を wo 凍 koo らせる raseru 空 sora を wo 染 so めてゆく meteyuku この kono 雪 yuki が ga 静 shizu かに kani 海 umi を wo 眠 nemu らせて rasete 貴方 anata を wo 眠 nemu らせる raseru. こわいな 裸足 はだしのせい 傷 きずついた 貝 かい まるで 私 わたし みたいだ 夜 よるをはめた 入 いり 江 えに 浮 うかぶ 三日月 みかづきのナイフ こころをさす 色 いろになり 風 かぜと 笑 わらい 花 はなとなり 光 ひかりからみ あなたに 会 あえる 一歩前 いっぽまえ 鳴 ないたトゥコホーン 震 ふるえるの 震 ふるえるままに 透明 とうめいな 生 せいと 死 し 海 うみへ 帰 かえる 一歩前 いっぽまえ たゆたう 愛 あい 群青 ぐんじょうのストーリー 灼熱 しゃくねつのせい 干 ひからびたサンゴ 何 なにを 見 みたの? この記事は3人のために書きました。 震災が起きたあの日 あの日僕は、仙台空港に向かう飛行機に乗るために北海道の千歳空港で搭乗するのを待っていました。 南相馬の子どもたちが東日本大震災によって離ればなれになってしまった仲間を思って、つぶやいたり、 書き留めた言葉を、小高中学校の小田美樹先生がまとめて、曲をつけた作品だそうです。 空港でのアナウンスは「仙台空港の道路にひびなどの異常があるかどうか確認中です」というもので、まさかあのあと、仙台空港にも津波が押し寄せてきて、飛行機に乗れないなんて想像もできず・・・。

Next

群青日和 歌詞 東京事変 ※ theamericanservicemenandwomen.com

「群青」とはだいぶ違う雰囲気の曲ですが・・・自分なりに、東北で教えていただいたことを歌にしました。 ある日、小高中を離れた生徒がどこにいるのか、大きな日本地図に生徒の顔写真を貼り付けながら、子どもたちが「遠いね」「でも、この地図の上の空はつながってるね」など話しながら、詩づくりが始まったそうです。 神山 羊 群青 作詞:神山羊 作曲:神山羊 僕にはまだわからない言葉で 満たした青 自由によく似ていた 果ては遥か 見たこともない国へ 船を漕いで 想うように生きていた 風にゆれる白いカーテン 腹をすかせた子どもたち 願いを込めて帆を広げ 長い長い旅をする 今は誰も知らない 世界のどこかで 悲しみに触れたなら 空の彼方へ 雲の切れ間に覗いた 光は微かに笑っていた あなたとまたどこかで あてもないまま 気の向くままでいいから 細い糸を頼って ただ泳いでいた 霧が晴れるころ目を開く もっと沢山の歌詞は はぐれないように手を伸ばせ もう二度と帰らない道を 照らし進めその先へ 今は誰も知らない 世界のどこかで よろこびを失くしたら どうか思い出して 夜の隙間にこぼれた 言葉が今でも 隠していた答えと 明日のこと 淡い淡い焼けた朝を願う 僕が続かなくても 遠い遠い褪せた青といつか出会う あの星の海へ 今は誰も知らない 世界のどこかで 悲しみに触れたなら 空の彼方へ 雲の切れ間に覗いた 光は微かに笑っていた あなたとまたどこかで いつかこの人生の 秘密を暴いたら 迎えに征くから. 忘れるな 約束を交わしたはずだろう 太陽 終わりなき 旅続く いつか笑えるように 一番近くで 照らし続けてよ 太陽 照らし続けて… この胸の中…. ああ あの 街 まちで 生 うまれて 君 きみと 出会 であい たくさんの 想 おもい 抱 だいて 一緒 いっしょに 時 ときを 過 すごしたね 今旅立 いまたびだつ 日 ひ 見 みえる 景色 けしきは 違 ちがっても 遠 とおい 場所 ばしょで 君 きみも 同 おなじ 空 そら きっと 見上 みあげてるはず 「またね」と 手 てを 振 ふるけど 明日 あしたも 会 あえるのかな 遠 とおざかる 君 きみの 笑顔今 えがおいまでも 忘 わすれない あの 日見 ひみた 夕日 ゆうひ あの 日見 ひみた 花火 はなび いつでも 君 きみがいたね 当 あたり 前 まえが 幸 しあわせと 知 しった 自転車 じてんしゃをこいで 君 きみと 行 いった 海 うみ 鮮 あざやかな 記憶 きおくが 目 めを 閉 とじれば 群青 ぐんじょうに 染 そまる あれから 二年 にねんの 日 ひが 僕 ぼくらの 中 なかを 過 すぎて 三月 さんがつの 風 かぜに 吹 ふかれ 君 きみを 今 いまでも 想 おもう 響 ひびけこの 歌声 うたごえ 響 ひびけ 遠 とおくまでも あの 空 そらの 彼方 かなたへも 大切 たいせつな 全 すべてに 届 とどけ 涙 なみだのあとにも 見上 みあげた 夜空 よぞらに 希望 きぼうが 光 ひかってるよ 僕 ぼくらを 待 まつ 群青 ぐんじょうの 街 まちで ああー きっとまた 会 あおう あの 街 まちで 会 あおう 僕 ぼくらの 約束 やくそくは 消 きえはしない 群青 ぐんじょうの 絆 きずな また 会 あおう 群青 ぐんじょうの 街 まちで ああ aa あの ano 街 machi で de 生 u まれて marete 君 kimi と to 出会 dea い i たくさんの takusanno 想 omo い i 抱 da いて ite 一緒 issyo に ni 時 toki を wo 過 su ごしたね goshitane 今旅立 imatabida つ tsu 日 hi 見 mi える eru 景色 keshiki は ha 違 chiga っても ttemo 遠 too い i 場所 basyo で de 君 kimi も mo 同 ona じ ji 空 sora きっと kitto 見上 mia げてるはず geteruhazu 「 またね matane」 と to 手 te を wo 振 fu るけど rukedo 明日 ashita も mo 会 a えるのかな erunokana 遠 too ざかる zakaru 君 kimi の no 笑顔今 egaoima でも demo 忘 wasu れない renai あの ano 日見 himi た ta 夕日 yuuhi あの ano 日見 himi た ta 花火 hanabi いつでも itsudemo 君 kimi がいたね gaitane 当 a たり tari 前 mae が ga 幸 shiawa せと seto 知 shi った tta 自転車 jitensya をこいで wokoide 君 kimi と to 行 i った tta 海 umi 鮮 aza やかな yakana 記憶 kioku が ga 目 me を wo 閉 to じれば jireba 群青 gunjou に ni 染 so まる maru あれから arekara 二年 ninen の no 日 hi が ga 僕 boku らの rano 中 naka を wo 過 su ぎて gite 三月 sangatsu の no 風 kaze に ni 吹 fu かれ kare 君 kimi を wo 今 ima でも demo 想 omo う u 響 hibi けこの kekono 歌声 utagoe 響 hibi け ke 遠 too くまでも kumademo あの ano 空 sora の no 彼方 kanata へも hemo 大切 taisetsu な na 全 sube てに teni 届 todo け ke 涙 namida のあとにも noatonimo 見上 mia げた geta 夜空 yozora に ni 希望 kibou が ga 光 hika ってるよ tteruyo 僕 boku らを rawo 待 ma つ tsu 群青 gunjou の no 街 machi で de ああ aaー きっとまた kittomata 会 a おう ou あの ano 街 machi で de 会 a おう ou 僕 boku らの rano 約束 yakusoku は ha 消 ki えはしない ehashinai 群青 gunjou の no 絆 kizuna また mata 会 a おう ou 群青 gunjou の no 街 machi で de. ホテルのテレビをつけた時、はじめて、大変なことが起きた・・・と呆然としたのを覚えています。 僕にはまだわからない言葉で 満たした青 自由によく似ていた 果ては遥か 見たこともない国へ 船を漕いで 想うように生きていた 風にゆれる白いカーテン 腹をすかせた子どもたち 願いを込めて帆を広げ 長い長い旅をする 今は誰も知らない 世界のどこかで 悲しみに触れたなら 空の彼方へ 雲の切れ間に覗いた 光は微かに笑っていた あなたとまたどこかで あてもないまま 気の向くままでいいから 細い糸を頼って ただ泳いでいた 霧が晴れるころ目を開く はぐれないように手を伸ばせ もう二度と帰らない道を 照らし進め その先へ 今は誰も知らない 世界のどこかで よろこびを失くしたら どうか思い出して 夜の隙間にこぼれた 言葉が今でも 隠していた答えと 明日のこと 淡い淡い焼けた朝を願う 僕が続かなくても 遠い遠い褪せた青といつか出会う あの星の海へ 今は誰も知らない 世界のどこかで 悲しみに触れたなら 空の彼方へ 雲の切れ間に覗いた 光は微かに笑っていた あなたとまたどこかで いつかこの人生の 秘密を暴いたら 迎えに征くから. 「東北は夢から復興していくんだよ」 そう言ってくれたのは、コンサートで出会ったお客さんで、「心配してくれてありがとう、だけど心配しすぎなくていい。 こわいな kowaina 裸足 hadashi のせい nosei 傷 kizu ついた tsuita 貝 kai まるで marude 私 watashi みたいだ mitaida 夜 yoru をはめた wohameta 入 i り ri 江 e に ni 浮 u かぶ kabu 三日月 mikaduki の no ナイフ naifu こころをさす kokorowosasu 色 iro になり ninari 風 kaze と to 笑 wara い i 花 hana となり tonari 光 hikari からみ karami あなたに anatani 会 a える eru 一歩前 ippomae 鳴 na いた ita トゥコホ twukohoー ン n 震 furu えるの eruno 震 furu えるままに erumamani 透明 toumei な na 生 sei と to 死 shi 海 umi へ he 帰 kae る ru 一歩前 ippomae たゆたう tayutau 愛 ai 群青 gunjou の no スト sutoー リ riー 灼熱 syakunetsu のせい nosei 干 hi からびた karabita サンゴ sango 何 nani を wo 見 mi たの tano? そんな願いを込めました。 空を染めてゆく この雪が静かに 海に積りて 波を凍らせる 空を染めてゆく この雪が静かに 海を眠らせ 貴方を眠らせる 手折れば散る 薄紫の 野辺に咲きたる 一輪の 花に似て儚なきは人の命か せめて海に散れ 想いが届かば せめて海に咲け 心の冬薔薇 老いた足どりで 想いを巡らせ 海に向いて 一人立たずめば 我より先に逝く 不幸は許せど 残りて哀しみを 抱く身のつらさよ 君を背おい 歩いた日の ぬくもり背中に 消えかけて 泣けと如く群青の海に降る雪 砂に腹這いて 海の声を聞く 待っていておくれ もうすぐ還るよ 空を染めてゆく この雪が静かに 海に積りて 波を凍らせる 空を染めてゆく この雪が静かに 海を眠らせて 貴方を眠らせる. 「東北から東北へのメッセージコンサート」と題して、ハンカチにメッセージを書いてもらい、それらをリレーしながら回りました。

Next

群青

とチケットを取り直してくれました。 聴いていただけたら嬉しいです。 直接的な被害はなかったけど、避難してきている人がいるから・・・ということで、コンサートをさせていただくことに。 子どもたちの歌声を通じて、みんなで元気になれるように・・・。 嵐 あらしのせい さわがしい 夢 ゆめ どうしてるの? 歌手: 作詞: 作曲: 空を染めてゆく この雪が静かに 海に積もりて 波を凍らせる 空を染めてゆく この雪が静かに 海を眠らせ 貴方を眠らせる 手折れば散る 薄紫の 野辺に咲きたる 一輪の 花に似て 儚なきは人の命か せめて海に散れ 想いが届かば せめて海に咲け 心の冬薔薇 老いた足どりで 想いを巡らせ 海に向いて 一人立たずめば 我より先に逝く 不幸は許せど 残りて哀しみを 抱く身のつらさよ 君を背おい 歩いた日の ぬくもり背中に 消えかけて 泣けと如く群青の 海に降る雪 砂に腹這いて 海の声を聞く 待っていておくれ もうすぐ還るよ 空を染めてゆく この雪が静かに 海に積もりて 波を凍らせる 空を染めてゆく この雪が静かに 海を眠らせて 貴方を眠らせる.。 そのまま3日間で5件の演奏をしながら、酒田市、天童市、山形市、米沢市と山形をまわり、そして、そのあと仙台や岩手にも回っていきました。

Next

群青 歌詞 MERRY ※ theamericanservicemenandwomen.com

一緒に居た、仙台イングリッシュセンターの校長先生夫妻は、学校が心配だから、と福島行きの飛行機をとりなおし、僕たちは福岡に戻るように。 始めようもう一度 そのままの自分 信じることから Believe in Dream 夢を信じて そう一緒に Believe in Dream どんな明日を描こう So…負けないで どんな時も一人じゃない lalala… 作詞・作曲:弓削田健介. 素敵な合唱曲紹介シリーズ こんにちは!合唱作曲家の弓削田です。 音楽の小田美樹先生も・・・。 ゆれてる 情熱 じょうねつがはねた 水面 すいめんの 鏡 かがみ 閃光 せんこうの 波 なみ この 身 みを 焼 やく 色 いろになり 風 かぜと 笑 わらい 花 はなとなり 光 ひかりからみ あなたに 会 あえる 一歩前 いっぽまえ 鳴 ないたトゥコホーン 散 ちりゆくの 散 ちりゆくままに 透明 とうめいな 生 せいと 死 し 海 うみへ 帰 かえる 一歩前 いっぽまえ たゆたう 愛 あい 群青 ぐんじょうのストーリー 嵐 arashi のせい nosei さわがしい sawagashii 夢 yume どうしてるの doushiteruno? あの時の、先生たちの落ち着いた行動と優しいまなざし、そして勇敢な姿は、忘れられません。 tacica 群青 作詞:猪狩翔一 作曲:猪狩翔一 遠くの方の僕達の家に足音鳴らす群青 滞りなく 生活をしてるだけ それだけ 歳を取れば倍の又は その倍で 足跡増える群青 滞りなく 生活は続くだけ それだけ エンジン音のない白い車は 泣いたりしない僕にそっくりだ 適当に生き永らえた時 無我夢中に体温が上がって下がる毎日に 余計なモノなど持たないで走り終える事はないのだろう だから今日は後悔をしない事に従事するよ 病気とか哀しみとかで呼吸の価値を思い知る日々 もっと沢山の歌詞は さぁ もっと近くで僕達の家に足音鳴らせ群青 まだ頼りなく 生活をしてるだけ それだけ 奇跡も魔法もないから 僕達の歩みは右往左往するのだろう もう一回 笑う その一瞬の為 少しずつ でも確実に濁った水槽の底に 自分は沈んだ事にして薬を飲み込んで宇宙に行く 当たり前が困難で自由とは不自由の理解者 余計なモノさえ掻き混ぜて生きる事がきっと得意な青 通り雨が止んで太陽が照らして暮れる帰り道 嫌いな事だけやらないでいる自分はどうせ自分が嫌う 無我夢中に体温が上がって下がる毎日に 時々 出会う喜びとかで呼吸の価値を思い知る日々. その言葉がとても力強く、心に残りました。 。

Next

群青 歌詞 神山 羊 ※ theamericanservicemenandwomen.com

。 。 。 。 。 。

Next