育てる 類語。 「後進の育成」とは?意味と類語!例文と使い方!

「育てる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

一方で競合他社はカスタマーセンターの迅速な対応をセールスポイントに、売上を伸ばしていることが分かりました。 (読み方は正確には「は ぐくむ」ではなく「は くくむ」です) 「羽包む」と書いた場合、 親鳥が羽でヒナを大事に育てるという意味を持ち、この意味から転じて愛情を持って大切に育てることを表す言葉になったと言われています。 「羽包む(はくくむ)」とは、親鳥がひな鳥を羽でおおい包むことを意味し、ひな鳥を優しくおおう 親鳥の羽は愛情のシンボルです。 「育む」を「育てる」に言い換えることができますが、「育てる」を「育む」に言い換えることができない場合があります。 例: I like to grow plants. 育み育てる• お兄さんがなくなってから、私は彼の娘を育てた。 しこむ。 ・子供達の夢を育むことを目的とした、取り組みが多く行われている。

Next

「養う」「培う」「育む」意味の違いと使い分け方

「育てる」の表現の使い方 「育てる」を使った表現を紹介します。 育て方というのは方法論ではなく、育てるという行為に含まれる愛情の有無です。 はぐくみ育てる• 「後進」とは、 「先人 先輩 の後を進むこと・後輩」を意味する言葉です。 子供や弟子の才能や技術を伸ばすために、指導する場合も「育てる」と表現することができます。 子供(動物)を持つ、または再生(有機体)する の意• 【Aさんの行動にみる主体性・自主性】• 「育む」は「羽包む(はくくむ)」が由来しています。 (未分類) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 日本語WordNetによる、育むの類義語 意義素 類語・同義語 育てる ・・・・・・・・・・・・・・・ 発展を助ける、または成長を助ける ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 上昇させる ・・・・・・・. その成功体験が自信とやる気につながり、さらに自主性が高まるという良いループをつくれます。 例文 「植物を育てる」という意味 ・お花がとても好きな彼女は、家の庭で花を培うことを生きがいとしている。

Next

「育てる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

養育てる• ・経験を培えているだけあって、彼は物事を進めるペースが早い。 口出ししたい気持ちは理解できますが、失敗も含めて自主性を育むというスタンスでいるのが吉。 「育てる」とは複数の意味がある言葉です。 「育てる」にはなくて「育む」だけにある要素。 ) 「育てる」は育てるものによって言い方が変わります。 【2】人以外を育てる場合「養う」「培う」では、育てる対象が違う 「養う」は動物を飼う場合、植物を栽培する場合の両方に使えます。

Next

養う(ヤシナウ)とは

Aさんはすぐさま自社カスタマーセンターと連携し、ボトルネックとなっている問い合わせ対応のスピードを改善した結果、Aさんが所属する部署の売上は回復しました。 (子育ては大変です。 やしない育てる• 「育む」の意味と使い方 「育む」は< はぐくむ>と読みます。 「育てる」は人・生物・植物などの世話をすることから、ものの成長を助けるなどと、抽象的なことに対しても使います。 自主性はアルバイトの面接ではPRポイントになるかもしれませんが、自ら考え、行動ができる人材を求めている企業にとっては持っていてあたりまえの要素です。 成長や発展を願って、養い育てること 3. 面倒を見ることを意味します。 「醸成」を英語で表現すると? 「醸成」は英語で「nurture」や「foster」 「醸成」は文脈や内容によって適切な英語が異なりますが、最もよく使われるのが「nurture」や「foster」です。

Next

育てる(そだてる)の類語・言い換え

他にも、気持ちを高めるために頑張るという場合は「夢を育てる」「自立心を育てる」と使います。 例文 「面倒を見る」という意味 ・彼は拾ってきた子犬を育てるため、遊んだり餌をあげたりすることに夢中になっている。 また、「培う」は人以外にものに対して使うこともできます。 「養う」の意味は、 1. 「育む」に豊かな愛情がたっぷりと含まれている理由 「育む」という言葉には「羽包む(はくくむ)」という意味が含まれています。 もともと「nurture」は仕込む、育てる、養成する、また「foster」にも育てる、ものごとを育成するという意味を持ちますが、 どちらも転じて「醸成」という意味で使われています。

Next

「培う」の意味と使い方、類語「養う・育む」との違い、例文、英語表現

「育てる」と「育む」の違い 「育てる」・・・大きく成長するように、面倒を見ること 「育む」・・・愛情を持って大切に面倒を見ること 「育てる」も「育む」もどちらも「大きく成長させること」を表しますが、細かいニュアンスが異なります。 この本は、そんなディズニーの「社員教育システム」を紹介しつつ、一般企業でも活用できる社員教育のコツとポイントを解説しています。 自分のことだけでなく、他者のことを考えられる• ・今回のイベントは参加者同士の友情を育んだり、モチベーションをあげることを目的としている。 この二つが重なってできた言葉が「醸成」です。 養生する。 発酵作用を応用して、時間をかけながら酒や醤油を自然なかたちで作り上げることを指します。

Next